« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月17日 (月)

ドイツの友人から

ドイツのハンブルグに先月数日滞在した。

その折知り合った

子宮癌を4月に手術されたご婦人にホットタブを差し上げ、使っていただいている。

まだ 3週間にもなっていないが使いだしてたちまち メールが来たので紹介する

。。

小星さんとお会いした

その夜から、入浴剤を使っての足湯を 始めました。

習慣として朝のシャワーだけだったのを 夜にシフトして

血圧の降圧剤の服用をやめまして、ホットタブ入浴、 と足湯を

連夜交互に行っています。

朝計る血圧はずっと110前後に なり、一体医者の云うとおり

5年間も服用していたのは何だった のだろうと考えこんでしまいました。

今月号の文藝春秋に

近藤誠先生の書かれたものを読み納得した次第です。

 

さてホットタブの優れていることに即身体が反応したことをお知らせします。

私は4月中旬に子宮癌の為,子宮、卵巣及びリンパ管の嫡出手術をしました。

そのあとの放射腺治療、 抗癌剤治療と、

本当に苦痛の日々で、色々な副作用に悩まされて きました。

嫡出手術の痕が乾くような引きつり感があったのが、

最初の入浴の翌日消えているのです。

驚きました。

 

何度もの血液採取、抗癌剤投入の為の血管への管の注入などで、7月頃から

右腕肘下に小豆粒の大きさの血管の瘤のようなのが現れ、触れると

鈍痛がありました。これが消えて、痛みは全くありません。

 

手術後から悩まされている頻尿ですが、夜中に起きる回数は半分ほどに減りました。

 

加齢によるのかなと思っていた手の爪の無数の縦線が消えて、

光沢が戻っているではないですか!

 

勿論足の角質部分が消え、スベスベした感覚が一日中有り 歩くことが楽です。

 

他にも報告すること多々あります。

こちらが乾燥気候である為に毎日の就寝前の入浴という

習慣が無いにしても、ホットタブの効用をドイツの人にいかに伝えて

いくか考えています。

高齢者には医者か理解能力の 高い若い家族が薦めることが

最適とは思うのですが。

 

近い内に又連絡致します。

 

ハンブルグ

知野広美

 

この方がこの先も どうなるか楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

対面販売を基本とした商品普及

先月は化粧品開発展 

来月は SPORTECH(アスリート関連)展が行われる。

毎月大きな展示会を行うことで  取扱業者様もびっくりするほど増え

高級高機能入浴剤の最高ブランド品として 大きな市場を確立しつつあり

ありがたい限りです。

10月から TBSでのCMも始まり 、この商品を取り扱いたいという申し出が

続々とあり、その都度販売に関する弊社の思いを

以下のおうにご説明し ご挨拶申し上げているのだが

いちいち説明しなくてもこの方針が徹底されるよう 

今後は広報宣伝活動を強力に進めようとしております

趣旨は以下のとおりです

私どもの商品は入浴だけでなくシャワーでも 

正しく使ってもらえれば 、驚くほど体が温まり

健康の根源となる 血流を上げ 酸素の吸収量を高め、平均体温が上昇してくれます

体温が上がれば、 人間本来の自己免疫力や代謝が高まり 酵素やホルモンの生成を活発化させ、

病気になりにくい体が作れ 結果的に健康寿命の延伸につながることになると考えています。

日本では毎年お風呂で15,000人もの方が、死亡しております。、

統計上死亡原因の97%は42度とか43度の高温入浴であることがわかっています

江戸っ子の。。とか言って。。高い温度のお湯に短時間入るのが粋な入浴だそうで

この41度以上の温度は 健康上、最悪の入浴法であり

交感神経が緊張し血管を収縮させ、血圧や心臓への負担が大きく

特に寒い季節は危険極まりな異入浴温度であり 死に至るケースが多いようです。

40度以下なら逆に副交感神経が優位となり血管は拡張し弛緩しますから

血圧は低下し心臓への負担もすくなく死亡事故もほぼゼロであり

安全な入浴となっているようです

市販の入浴剤が温まるなどといっても 

たいていは41度とか42度以上の水温を高めて温まっているだけで

お風呂から出たら すぐさめてしまいますから体温も上がらないはずです

日本人の入浴温度の常識は42度ですが 欧米では入浴温度の常識は36から39度で

このような低温が本来のリラクゼーションであり、副交感神経を優位にし

細胞も再生されるような 健康入浴となります

体温上昇は血流が高まり結果的に代謝が上がるので結果的に体温が上がるのです

 この血流がお風呂を出てからでも 高いまま維持できるのは

 重炭酸イオンが血管内に体内にトロ(NO 一酸化窒素)を分泌させ

血管を拡張するからであり それも低温長時間入浴でしか得られないことを

彼らは よく理解しているようです

、(体内ニトロの効果は ルイ・イグナロ博士が1998年にノーベル医学賞を取った理論です)

 ホットタブの良さはたとえ4度程度水温が低くても同じような高さに感じられ

 入浴温度も38とか39度で寒くなく 出るとき寒いかなと思っても

体を拭いてガウンを着れば 翌朝までポカポカ温かく

ぐっすり眠れる温浴効果が得られるのが特徴なのです。

 

夏は30度程度の水風呂でも シャワーだけでも、

ポカポカしてくるから不思議なものです

この低温で暖まる効果は 同じ重炭酸入浴剤であっても 

類似品には出せない効果であり 

ためしに ホットタブ以外の入浴剤や類似品を使って

38度程度のぬるい温度で25分程度入浴してみてください 

出るとき寒く、出てからでもけして暖まらないはずです

一方ホットタブなら

かなり寒いお湯であっても 出浴後ガウンなどを羽織ってみていただけたら

その後ポカポカ感のある温浴効果が楽しめます

これが味わえたら 本物の重炭酸入浴剤です

こういった商品情報をきちんと伝え 販売するのがホットタブの対面販売です

重炭酸イオン入浴と従来の炭酸ガス入浴の違いや、

重炭酸イオンによる 血流上昇の化学的なメカニズムや

入浴温度の注意点などをお客様に正しく伝え、

なぜ血流が上がるか? 重炭酸イオン入浴と体内にトロの放出など

体内にトロと NO THERAPYとは?など

正しい使い方によってその効果を正しく実感していただけるよう

教育システムを充実させ 対面販売のみを中心に販売を進め

 それ以外の業者様へは出荷は禁止しています

たとえネット販売業者様であっても

弊社の教育を受け、正しい商品情報を学んだ専任販売士を置いていただけば

販売可能です

対面販売と並行して流通を担っていただける業者様へは、

販売を認め 流通していただいていますs

そうでない業者様によっては

対面販売でないAMAZONや楽天、Yahoo等で商品を掲載するだけで

商品情報の教育も受けず ただ商品を仕入れ お客様への説明なしで

商品画像と商標を掲載するだけのイージーなネット販売をする方があり

その方には販売を遠慮していただいていますが

こういう業者様もたくさん有り 対応に苦慮しています

 そういうお客様には

お風呂の温度だけで体を温める一般の入浴剤や類似品など

普通の入浴剤商品を扱うようお願いし弊社商品の販売はお断りしています

止む御えず、 こういったネットショップ店で販売する場合は 

最悪でも間借りショップではなく自社のサイトで、且つ、

あらかじめ弊社の商品情教育 プログラムに参加し、

販売資格を取得したうえで、対面販売と並行して進めるよう要請しています。

 

過去

多くのすばらしい商品が数多く上市されてきましたが その多くがこれらネットショップで説明なしに低価格のみを特徴に乱売され その商品は 数年で消滅してしまいました。

私どもは御客様に重炭酸健康温活入浴法を指導することで

本当の健康長寿を享受していただき、100年この商品をご愛用いただくため

正しい商品情報の提供や商品価値のご説明を可能にする教育システムをご提供し

契約業者様の対面販売を推進、商品流通を図ってゆきたいと願っています

そのためのNO[一酸化窒素)温活入浴指導士の認定制度を確立し 

その推進を進めており

この制度の元 弊社商品の普及を行っています

国民の健康寿命の延伸は 国家の重要課題であり

戦後国民の平均体温が1度も下がってしまいましたが

家庭のお風呂で重炭酸ホットタブに入浴するだけで 簡単にこの平均体温を

上げることができるなら、と考え

正しいNO温活入浴法の普及を強力に進めようと努力しております。

本趣旨ご理解のうえ 教育制度に参加しきちんとした契約の元

普及活動に参加されますよう、お願いをしているところでございます

ご理解 ご協力をお願い申し上げます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »