« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 4日 (水)

読売新聞の Next ライフの記事

今朝の読売新聞15面に 私の記事が載っている、

定年後悠々自適の生活をすて、元会社の仲間の多くがゴルフ三昧の中
お前馬鹿だな 何を好んで苦労すると忠告する中、
まだ儲けたいのかと馬鹿にする中
。。
いばらの道でもある企業経営を志し、苦労しているのは 
破産してもやり遂げると覚悟しての
今迄生かさせて戴いた社会への御礼、恩返しなのであるが
 
新聞記事だけでは説明不足のところもあり少し補足しておきたい
今迄
自分は写真のお客様によって生かされてきた、
若くして紫綬褒章まで戴き このまま悠々自適では世間様に申し訳ない、
。。
ゴルフをやっても事業を作っても同じ遊び ゲームでもある
生きている限りは 写真技術を生かして社会に恩返ししたい。
特に1998年 ノーベル賞を取った 体内NO(一酸化窒素)の産生で血管が拡張し
  心疾患は勿論 多くの健康を維持する 奇跡の物質と言われた NOを
中性の重炭酸イオンを発生する 重炭酸風呂にぬるめで少し長めに入れば
  簡単にこのNOが血管内壁に分泌し 驚くほど体が温まることを発見した
スパークリング ホットタブで 国民の健康改善 健康寿命の延伸に貢献したい
  そう思って この事業を続けているのだが
 取材では なぜか ホッとアルバムのデジタル事業が大きく取り上げられてしまったようだ
ただ
どの事業でも 無から有を有無事業開発は、同じゲームでも
ゴルフよりはるかにやりがいがある。
そう思って 択んだ道でもある
特にデジタル写真の100年保管と 国民の健康を守ることに
自分の蓄えた技術を生かしきり 私財をなげうってもこれをやり遂げたい 
そういう志でこの会社を始めたことでもあり、苦労は承知だが
思いがけず 8年目にして急成長しつつある
。。
いまこの事業が成功に向かいつつ 大きく動き出したことを神様に感謝し
 更に夢の実現に向け まい進したいと構想を練っているところでもある
。。
昨夜は秋葉原で 久しぶりの三略会 [橘三朗が主宰する東京の中小企業社長会] 
隋踵塾であったが
その塾のテーマ 人物研究の課題は 高木兼寛、 
嘉永2年の宮崎県生まれ 幼いうちから 医者をめざし 
人々のために尽くしたいという強い思いをもち
明治の初期にイギリスに留学 帰国後東京海軍病院長となり 
数か月かかる一回の巡洋航海で多くの兵士が脚気にかかり
死亡するのに心を痛め、脚気の撲滅を志す
当時脚気は心臓脚気となって死亡する怖い病気だったが 
陸軍や森鴎外等は、脚気は細菌だという説をとり 
社会常識も細菌説をとっていた。
高木はこの常識を破り、脚気は閉ざされた船の上での食事、
栄養の欠陥によって起こるという常識を破った仮説をたて
海軍兵の食事改革に乗り出すが 
貧しい農民兵は兵隊になれば米の飯が喰えるという白米食が
唯一の楽しみでもあったし、麦飯やパンは評判が悪く
陸軍軍官医だった森鴎外がこの説に猛反対するという
最悪の抵抗にあい大きな危機を迎えていた
窮地に立った高木はひそかに切腹覚悟で天皇に直訴
 白米中心の遠洋航海と麦やパン中心の遠洋航海で兵士を使って
 データを取る許可を得
白米食では 一航海で378名の兵員のうち169名が脚気を発病23名が死亡したが
麦飯中心の航海では  一人も発病もなかった。
 命を懸けた志 
 脚気を撲滅したいという 壮大な仮説と実験が  のちに鈴木梅太郎の
  ビタミンB1の発見につながり、今では 脚気で死ぬようなことは全くなくなった。
 ヒトのためにいのちをかけて自説を信じ 切腹覚悟でやり遂げる 
 これを志という
 私も 高木と同じような志をもって 入浴剤事業を進めている
 
  平均寿命は延びたが 高齢者の医療費負担で20年後 30年後には
 50兆円を超え 国家財政も医療も必ず破綻する
これを救いたいというのが私の志
前に立ちはだかるのは炭酸ガス理論と日本の間違った薬事法
私の狙いは薬過剰投与の医療を見直し
 自然療法や自己治癒力の開発を 温浴 入浴 重炭酸入浴剤で実現する
誰でも体温36.5度以上を達成すれば、
ピンピンキラリの健康長寿が実現するはずという仮説の立証と
 介護を必要としない ぴんぴんきらりの健康長寿社会を実現したい
健康は入浴の温浴Therapyでできるはずという仮説に命を懸けるつもりである
 
戦前はなかった、癌や、認知症 高脂血症、心疾患、糖尿病、アトピー 花粉症
女性も男性も平均10年の介護を受け  6割が認知症
世界に介護保険などの制度を持つ国はない
寝たきりがこんなに多い国はない この原因は 医療費に占める薬剤比率
3割[世界標準は8%から11%)をこえる クスリ漬けに起因すると推定している
 
クスリでは病気の根本は治せない
体の根本、生活習慣を体の仕組みに合わせなければ 病気はなくならない
ドイツでは薬や手術だけでなく
自然療法や自己免疫力、生活習慣改善療養に健康保険が使え
あらゆる病気の治療に利用されている
 
日本では 東洋医学も鍼灸、漢方も湯治も医療としては認められておらず
病気が治ると言えばこれらの治療は薬事法違反となってしまう
世界的な
   免疫学者 安保徹氏などに言わせれば、 病の殆どは低体温、低血流、低酸素が
  原因、律神経のバランスの狂いが原因であるが その原因は薬漬けによるストレスにあるという
体を温めれば あらゆる病気は治るといわれるが 
今まで、家庭で出来る簡単な方法で体温をあげる 良い方法がなかった
  生姜も一旦温まるようだがむしろ冷える効果も大きい
赤外線湯たんぽも 禅や太極拳も簡単に生活習慣とはならず効果もすぐには表れない
入浴剤を入れるだけで簡単にお風呂で体温が上げるなら
それこそすばらしいが
  今までは炭酸ガスという入浴剤で 驚くほど身体が温まることはなく
  温まるとすれば 熱いお湯に入っているからだ
 
36とか39度では言ってみてほしい ほとんど暖まらないし、すぐひえてしまう
低温で暖まらなければ 重炭酸泉と言えないし
41度位以上では交感神経緊張で 温浴健康効果も現れない
ドイツや長湯温泉などの中性PHの重炭酸泉は皆ぬるめで温まる
炭酸ガスの酸性入浴剤とは全く違う
賛成炭酸ガスでは 中性PHの血管には直截溶解しにくいという問題があり
今までこの科学的な考えすら無視され 炭酸ブームが作られてきた
また炭酸ガスは数分で空気中に飛んでしまうという
家族がみんなで温泉を楽しみながら24時間楽しむということはできない
炭酸ガスが体に良いという説は創られた間違った理論であり、 脚気の原因が細菌であるという理論と全く同じ 理屈で間違っていても、 大企業が宣伝し 世間の常識となってしまえばこれをひっくり返すのは、 小さな企業には至難の技となる
私は
 高木と全く同じ苦境にいるが 必ずやり遂げる
諦めたら終わり 切腹覚悟で 国民の健康を守りたいと思う
国家財政再建に貢献し 
若い人が夢を持てる国にしたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

美容院の店主さんからのメール

先日、弊社宛てに美容院店主さんから ホットタブのヘアケア効果について

お問い合わせがあり、いろいろご報告戴いたので、ブログでの掲載許可を戴いた。

快く引き受けていただいたので以下転記致します

。。。。。

おはようございます。

 

短髪だと、ホットタブ1錠で大丈夫でした。

で、ロングヘアーも1錠で済ませようという私の考えがいけなかったんですね。

今はバケツ3杯に3錠、更に毛量が多くてロングの人には4錠使うと

確実にシットリしなやかサラサラになりました。

 

それとある程度流す時間も関係ありますね。

自分の髪をホットタブシャワーで流していると実感するのですが、

しばらく流していると途中で手触りがガラッと変わるんです。

おお!!!キターーーーーーーーー(((o(*゜▽゜*)o)))

という感じで髪が突然ヌルッとシナッっとなる瞬間があって

この瞬間が本当に幸せって感じで毎日楽しいです。

 

ブログも読んでくださったのですね、

お忙しいのにありがとうございます。

もちろん、これからも気付いたことがあれば

ブログに逐一書き込んでいくつもりです。

一人でも多くの人にホットタブの良さを知っていただきたいです♪

 

ホットタブを使っていただいたお客様には

なるべく感想アンケートを貴社に送るようにお願いしていますが

私もまた気付いたことがあったら連絡します。

ありがとうございました。

 

-お客様には皆さん

「しっとり柔らかい手触りで気持ちいい~~~」

と喜んで頂けるようになりましたし

ホットタブで取れた自分の頭皮、頭髪の汚れを見て驚かれます。

今日も3人ほど頭皮がまっかっかで湿疹が出来ている方がいらっしゃったので

シャンプー剤は使わずにホットタブで流してさしあげたら

スッキリしたと大喜びで購入して帰られました。

 

私自身、髪も顔も体もすべてホットタブで洗うようになって

もうすぐ3か月になりますが本当に気持ち良く快適な毎日です。

最近温かくなってシャワーで過ごすことが多かったのですが、

やはりホットタブのお湯にじっくりつかって温もったほうが

睡眠の質が向上して疲れもとれますね。

痛い魚の目のためにも夏場は足湯をしようかと思っています。

数日前、脱衣所のホットタブが切れていたので

久々にボディーソープを使おうとしましたが

つけた途端にヌルヌルがあまりに気持ち悪くってすぐに洗い流してしまいました。

慌てて裸でホットタブを取りに行った次第です。

もう科学洗剤には戻れそうもありません。

ブログにも書いてますが、抜け毛も減って髪のボリュームも増えました~~

おかげでウイッグも買わなくて済みます♪

 

この感動は自分のブログにアップさせていただきました。

お店のブログではないのですごく真面目モードというわけではないですが

暇なお時間に観てくださったら嬉しいです。

他にも私が登録してるSNSで紹介しましたが凄い反響でしたよ、

悩みがある人が多いのだと実感しました。

 

http://blog.goo.ne.jp/kikosama41211/c/c45b2852319bcbd975eff84da9f9aca5

 

本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

社長様にもよろしくお伝えくださいませ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »