« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月21日 (水)

健康や肌だけでなく 髪の毛の悩みも相当深刻なもののようだ

弊社が宣伝も出して協力している、ある難病の女性の方が運営しているサイトがある
 病気と健康を考える会 だ
  本当に病気になると
  いろいろ正しい情報が欲しいものだから
 病気の方が 正しい情報を共有し合うことが出来るよう
 この難病の方が
  本当に効果のある薬や副作用のない薬の情報や
 身体によい生活習慣などの情報を
  此のサイトから提供してくれている
 
  その方が弊社のホットタブに出会って感動し
  弊社もこの方のサイト運営に宣伝を提供し協力している
  多くの病気で悩む方と情報を共有化したいというだけで
  特別な商品との関係を持たずに
  というのが運営方針だが
  その方針にも感動し協力してきた
しかし病気だけではないことを
  下記のブログから知った
   髪の悩みをつづっているある方がいる
  たかが髪の毛など薄くても悩む必要もないように思うが
  自殺したくなるほど悩んだり 鬱になるらしい
 
  だったら高価で効き目がない
養毛剤より
  髪が元気になる洗浄方法の方がはるかに良いかも
  しれない
 
  その方の記事は
    髪をホットタブで 洗ったら 
   ボワーッとボリュームが出てびっくり
 
  今まで使っていた薬よりはるかにすごいという
入浴剤としては少し高いが
  シャワーなら養毛剤よりはるかに安いという
http://ameblo.jp/shanpoo-nukege/entrylist.html
(入浴剤としても名の効果もない泡だけの入浴剤より 
  週末だけでも入って体を温めてほしいのだが)
しかし こんなことは
  美容師さんなら皆--知っていて
  全国の美容院でホットタブが
  爆発的に売れている理由なのだが
一般にはまだまだ知られていないようだ
 
 美容院では
  ホットタブを使って
  重炭酸シャンプーを2000円程度のサービスとして 提供し
とても喜ばれているが
ご自分でもホットタブを買えば簡単にシャワで
  この頭皮洗浄と血流促進効果が得られる
  シニアでさえ 髪のボリュームがアップし
  髪の勢いが出るだけでなく
  毎日ホットタブでシャンプーすると
新しく産毛がはえ 白髪も黒くなるという
  本当かどうかは自分で試してほしいが
 おそらく皆びっくりする
  美容師さんは一回でドライヤーを当てているだけで
  わかるというが 
 
 ホットタブで洗うだけだが
 シャンプーや化学洗剤を使わないことも大事な要素で
  必要な脂を取らず
  毛穴を大きき開かせ
  ミネラル汚れを取る
   そして血流が上がり 酸素吸収が高くなり
   勢いが出るのは当たり前ではないだろうか
とにかく ものすごくきれいな頭皮になる
   高価な栄養や養毛剤を汚い頭皮や肌に使っても効果がないだけでなく
  入ってゆかない
  ホットタブのシャンプーン後に使えば 効果はもっと出るはずだ
  死ぬほど悩むのならぜひ試してほしい
  効果は
  ご自分で試すしかないが 鬱になるよりはましと思って
 
ホットタブを一度試して見たらどうだろう
 病気と健康を考える会で 無料でサンプルを提供してくれる
  シャワーヘッドはご自分で用意するしかないが
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

5月13日 京都国際会館で日本温泉気象物理医学会・Hot Tabの研究発表を行う

5月12日から14日 京都 国立京都国際会館において 日本温泉気象物理医学会総会・学術集会

が行われる。

2日目の13日・一般演題の部で、ホットタブの開発と未病社会への対応として研究発表を行う

http://onki2014.umin.ne.jp/program.html

http://onki2014.umin.ne.jp/img/timetable.pdf

タイトルは
 F-3 重炭酸イオン-クエン酸入浴剤の開発と未病社会への対応
Development of Bicarbonate-Citric Acid bath tablet and application for home health care or natural healing therapy
 
商品展示も合わせておこない 
 家庭で簡単 入浴するだけで 驚くほど血流が高まり
 酸素の取り込みが増え  代謝が向上
  体温が上がり 免疫性が改善され いろいろな生活習慣病が防げる
 ドイツの自然療法と同じ温浴効果での健康長寿の延伸が
 ホットタブでも得られることを 説明してゆくことにしている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »