« NHK 国際放送が放映  SPORTECH 2013の Hot Tabを取材 | トップページ | Hot Tabの Amazon 楽天 Yahoo shopでの販売禁止 類似品にご注意 »

2014年1月25日 (土)

温泉法改正

ホットタブはリピート率91%を誇る一度使ったら 毎日の入浴が楽しみになりファンになってしまう入浴剤だが 妊婦の方にも低温で長時間入ることで体が驚くほど温まることから

普通の冷え性はもとより 妊婦の方の冷え性にとても人気がある

ところが温泉法では

入浴を避けるべき 禁忌症として 妊婦は温泉入浴ダメとしてされてきた。

この規制は医学的にも全く根拠のないもので、意味のない規制だったのだが32年も

そのままにされてきた

この温泉法がこのたび改正されるという

遅きに失す。。。という感もないわけではないが

  制定の理由も 俗説や迷信なのか海外の文献なのか?

  記録がなく定かでないというからあきれてものが言えない

 この温泉禁忌症には 重い心臓病もその一つだが

 

 ドイツでは重炭酸泉は心臓の湯とか命の泉とも呼ばれ

 心臓病の自然入浴療法が使われ、

  アトピーや糖尿病の治療にも健康保険が適用され

  対象になっている

 37から38度で3時間も入るような入浴療法がとても良いとされており

  妊婦の冷えなどの治療にも使われている

 温泉法で

  炭酸泉と呼ばれるには

  遊離炭酸ガスが250ppm以上なければならないという規制もあり

  この温泉法があるため 多くの入浴剤が炭酸ガスを発泡させ

  炭酸ガスが体に良いのだと、間違った説明をし

  商品展開をせざるを得ない状況を生み出してきた

  炭酸ガスなど、何ppmあろうが  数分で空気中に揮散し消えてしまうため

  炭酸ガスの濃度を規定しても意味がない

また炭酸ガスなど

  高い濃度といってもわずかに1g(1000ppm)しか水にはとけないし

その上 

 血液のPHは7.43と中性だから この血管にも酸性の炭酸ガスは

 溶けにくい性質があり

 結果的には

 血流を挙げ体を温める効果も低いのが炭酸ガスなのである

  重炭酸イオンでなければ 濃度も効果も維持できないはずで

 このことは

 分析学的にも医学的にもわかり切っていることであるのに

 温泉法は法律であり  誰も冒せない

 そのため やむを得ず、やってきたことなのであろう

 間違った法律はそのくらい害があることを環境省は理解すべきである

 

  であるから

  炭酸泉としては

  遊離炭酸イオン(炭酸ガス)だけでなく

  重炭酸イオン濃度をも加えるべきであり

 

 炭酸泉の条件は

 PHが 5から9くらいまで、[血液のPH7.35を中心にプラスマイナス2.0)とし

 総炭酸イオン濃度を○○以上と規定すべきだとおもう

  30年も40年も前の一官僚が決めた意味のない法律が国民を苦しめてきた

  冷え性に悩む 妊婦は温泉に入ると危険、禁忌症として 入れず

  来たのに32年もたってから

  間違いだったと初めて認めたのである

   こんな法律のため 今までの炭酸入浴剤は

   数分で空気中に消えてしまう意味のない炭酸ガスを効果の中心に据え

   知識のないお客様をだまし 無駄な消費をさせてきてしまったことになり

   多くの妊婦さんは 冷え性のまま 温泉をも楽しめなかったことになる

 

 妊婦の問題だけでなく

 温泉法そののものを廃止すればよい

温泉というだけで法律で一様に

   効能を決め 禁忌症をきめるいみがないにである

  今までは

  炭酸泉の場合を述べていたのであり

  炭酸泉でよいことが硫黄泉に阿多は丸かというと当てはまらない

  硫黄泉で強い酸性の温泉 

  たとえば 草津や万座温泉などでは

   やはり妊婦や心臓疾患の方には 禁忌症としたほうが良いと思われる

  酸性が強すぎて またたいていの旅館お湯は温度が高いから

  危険が伴う

  家庭のお風呂でも年間 2万人近く死亡する

  温泉で死亡したら大問題だが

 

  強い酸性の温泉では やはり 禁忌として記載すべき症状がありそうである

 そういうこともあるから

   温泉として一様には言えないため

   温泉法などは不要であり

  温泉地それぞれが判断し記載すればよいことで

  江戸時代ではないのだから

  温泉場に記載すべき文章など指導していただかなくて結構であろう

  温泉観光協会ごとに

  また観光客 

  自身が自己責任で判断し  入浴すればいいことである

また旅館やホテルが  PL上 独自判断で決めればよいことのような気がする

|

« NHK 国際放送が放映  SPORTECH 2013の Hot Tabを取材 | トップページ | Hot Tabの Amazon 楽天 Yahoo shopでの販売禁止 類似品にご注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1031903/54736711

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉法改正:

« NHK 国際放送が放映  SPORTECH 2013の Hot Tabを取材 | トップページ | Hot Tabの Amazon 楽天 Yahoo shopでの販売禁止 類似品にご注意 »