« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

2月5日から7日 ギフトショーに出展

2月は 銀座松屋での女性が選ぶスグレモノ展があるが

 このイベントに再度選ばれ 出展する

 昨年からの  銀座松屋や 大丸百貨店での展示会で

  要望されたのは

  これはすごい商品、一度使うと良さがわかる 本物商品である

   驚くことに 一度使えば 90%以上の確率でリピートされる

  そんなことから 健康ブームでもあり

 この商品を人に差し上げると本当に良いものを教えていただいたと

 ものすごく喜ばれるのだそうだ

  リピータが多いのには 百貨店がびっくり 

  これらの展示販売した百貨店様からぜひギフトセットを作ってほしいと要望され、

  シャワーヘッドとHot Tabを スマートギフトセットとし

   ギフトショーに出展することにした。

 お中元やお歳暮もそうだが 結婚式や 葬式も ギフトセットは自分で選ぶ

 BOOK型が増えているが 

 この冊子には何百もの ギフト品が掲載されているにもかかわらず

  選ぶものが殆どない

  どれもほしいものとは違うのである 

 贈って喜ばれ

 もらってうれしい

 心からそう思うような

 選ぶものがないのだそうだ

 そんな中で

  相手の健康や 美容、美髪 体臭や水虫 カルキもゼロにし

   体温上げればどんな病気もよくなることが一般に知られ

   健康の話題にもなってきているおりから

   今までの入浴剤とは全くちがう

  健康グッズの本物商品が贈られればとても喜ばれる

   お客様にはうれしい商品になるのだそうだ

  ぜひ 会場でこの商品セットを見てほしい

  その翌々週

  2月19日からは、 医療関係の展示会  IMECHに出展する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

Hot Tabの Amazon 楽天 Yahoo shopでの販売禁止 類似品にご注意

Amazon、 Yahoo、楽天のショップでの 

 スパークリング Hot Tabの販売を禁止し、

 出店主様に商品の取り下げをお願いしている

 理由は

  もともと昨年の8月以降の新パッケージ品から

  卸業者様との販売契約には禁止事項としてネットでの販売が入っているのですが 

 2次卸以降の業者様や小さな業者様は 

  Amazon Yahoo、楽天のショップに気楽に出品してしまっているので

  防げないでいたものである

 これらAmazon、Yahoo、楽天でのお店を出品するほとんどの方は

  弊社のHPの画像等を無断で使用しあたかも自前の商品であるかのごとく出店している  

  ことも 問題であるが

 これらのお店で購入したお客様から 

 偽物ではないかという問い合わせが相次ぎ、いろいろな苦情やトラブルになっている

 本物で本当に健康を考えているお客様に大変なご迷惑をかけるケースが増えて

   しまっているので これらのお店の商品の取り下げをお願いし、

  出店を一掃することにしたものである。

 

苦情の多くは

 ショップに掲載されている商品の写真は明らかに弊社の本物なのだが 

 購入後 ご送られてくる商品は全く違う包装の商品が送られてきたり

 

 20錠おまけつき。。とか表示されているが

 おまけ。。は 

  明らかに体が温まらない偽物がビニール袋に入れられ

 同封されてくるなど。。の苦情が相次ぎ

  お客様がそのお店に苦情を言うと

 ホットアルバム炭酸泉タブレットはつぶれ 新たな会社が買収したので

  包装がかわったたとか、とんでもない誤解を生むような誹謗中傷がおこなわれている

  偽物が本物のような顔をして跋扈しているようなのだ。

 お客様には

 弊社は複数の企業にPBやOEMで商品提供しており

 ホットタブレット社の商品とか 

 ジャストシステム社のHot Tab 365等が本物商品である

 そういう弊社の本物商品も 5種類くらいの複数のパッケージや袋があるので

偽物の見分け方を明確に期しておく- 

 ① 商品販売名が スパークリング ホットタブ ( Hot Tabという商標が入っていること)  

 ② 製造方法の特許番号が入っていること

 ③ 製造販売元が ホットアルバムコム㈱であること

 ④ もしくは開発企画元がホットアルバム炭酸泉タブレット

 ⑤ ネットショップが販売会社の自前のお店であり (Amazon Yahoo、楽天以外)

   しかも定価で販売しているのが

  高級本物商品であると思ってください。。。。。と訴えている

  類似品は色も形もそっくりで 日本製と表示されているが

   おそらく外国製とおもわれ、 色も形も同じだが性能は全く違うものである

  体は温まらず、シャワーで目に入ると眼が痛いなどの特徴があります

  自前のお店で、しかも定価で売っているのが一流品で本物です

  安売りのお店は 怪しいと思っていただいて結構です。。。

  と訴えている

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

温泉法改正

ホットタブはリピート率91%を誇る一度使ったら 毎日の入浴が楽しみになりファンになってしまう入浴剤だが 妊婦の方にも低温で長時間入ることで体が驚くほど温まることから

普通の冷え性はもとより 妊婦の方の冷え性にとても人気がある

ところが温泉法では

入浴を避けるべき 禁忌症として 妊婦は温泉入浴ダメとしてされてきた。

この規制は医学的にも全く根拠のないもので、意味のない規制だったのだが32年も

そのままにされてきた

この温泉法がこのたび改正されるという

遅きに失す。。。という感もないわけではないが

  制定の理由も 俗説や迷信なのか海外の文献なのか?

  記録がなく定かでないというからあきれてものが言えない

 この温泉禁忌症には 重い心臓病もその一つだが

 

 ドイツでは重炭酸泉は心臓の湯とか命の泉とも呼ばれ

 心臓病の自然入浴療法が使われ、

  アトピーや糖尿病の治療にも健康保険が適用され

  対象になっている

 37から38度で3時間も入るような入浴療法がとても良いとされており

  妊婦の冷えなどの治療にも使われている

 温泉法で

  炭酸泉と呼ばれるには

  遊離炭酸ガスが250ppm以上なければならないという規制もあり

  この温泉法があるため 多くの入浴剤が炭酸ガスを発泡させ

  炭酸ガスが体に良いのだと、間違った説明をし

  商品展開をせざるを得ない状況を生み出してきた

  炭酸ガスなど、何ppmあろうが  数分で空気中に揮散し消えてしまうため

  炭酸ガスの濃度を規定しても意味がない

また炭酸ガスなど

  高い濃度といってもわずかに1g(1000ppm)しか水にはとけないし

その上 

 血液のPHは7.43と中性だから この血管にも酸性の炭酸ガスは

 溶けにくい性質があり

 結果的には

 血流を挙げ体を温める効果も低いのが炭酸ガスなのである

  重炭酸イオンでなければ 濃度も効果も維持できないはずで

 このことは

 分析学的にも医学的にもわかり切っていることであるのに

 温泉法は法律であり  誰も冒せない

 そのため やむを得ず、やってきたことなのであろう

 間違った法律はそのくらい害があることを環境省は理解すべきである

 

  であるから

  炭酸泉としては

  遊離炭酸イオン(炭酸ガス)だけでなく

  重炭酸イオン濃度をも加えるべきであり

 

 炭酸泉の条件は

 PHが 5から9くらいまで、[血液のPH7.35を中心にプラスマイナス2.0)とし

 総炭酸イオン濃度を○○以上と規定すべきだとおもう

  30年も40年も前の一官僚が決めた意味のない法律が国民を苦しめてきた

  冷え性に悩む 妊婦は温泉に入ると危険、禁忌症として 入れず

  来たのに32年もたってから

  間違いだったと初めて認めたのである

   こんな法律のため 今までの炭酸入浴剤は

   数分で空気中に消えてしまう意味のない炭酸ガスを効果の中心に据え

   知識のないお客様をだまし 無駄な消費をさせてきてしまったことになり

   多くの妊婦さんは 冷え性のまま 温泉をも楽しめなかったことになる

 

 妊婦の問題だけでなく

 温泉法そののものを廃止すればよい

温泉というだけで法律で一様に

   効能を決め 禁忌症をきめるいみがないにである

  今までは

  炭酸泉の場合を述べていたのであり

  炭酸泉でよいことが硫黄泉に阿多は丸かというと当てはまらない

  硫黄泉で強い酸性の温泉 

  たとえば 草津や万座温泉などでは

   やはり妊婦や心臓疾患の方には 禁忌症としたほうが良いと思われる

  酸性が強すぎて またたいていの旅館お湯は温度が高いから

  危険が伴う

  家庭のお風呂でも年間 2万人近く死亡する

  温泉で死亡したら大問題だが

 

  強い酸性の温泉では やはり 禁忌として記載すべき症状がありそうである

 そういうこともあるから

   温泉として一様には言えないため

   温泉法などは不要であり

  温泉地それぞれが判断し記載すればよいことで

  江戸時代ではないのだから

  温泉場に記載すべき文章など指導していただかなくて結構であろう

  温泉観光協会ごとに

  また観光客 

  自身が自己責任で判断し  入浴すればいいことである

また旅館やホテルが  PL上 独自判断で決めればよいことのような気がする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

NHK 国際放送が放映  SPORTECH 2013の Hot Tabを取材

http://www.youtube.com/watch?v=k-XLWlc0XOE&feature=youtu.be

NHK国際放送で取り上げられた内容がyoutubeに掲載されています

NHK キャスターの感想はスポーツ博でもっとも印象に残った商品がHot Tabだと

 まとめています。

ありがたい話である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

NHK 国際放送 で ホット タブ とシャワーヘッドが紹介されます

この寒さ 寒波でホットタブの売れ行きが爆発的に成長しているが

海外はシャワーが圧倒的な多数のため 専用シャワーヘッドを開発し

先日スポーツ博で展示

 世界初のシャワーでも体が温まり

 目に入っても安全(眼刺激性テスト合格)で

 あかちゃんでもアトピーでも刺激なく

  重炭酸を頭からかぶれる 入浴剤ということで海外展開を開始する

という説明をしたのだが

 展示会で取材があり、 今回放映されるとのこと

  NHKがどういう風にまとめたかは知らないが

  私の秘書の西森明美ちゃんが

   キャスターと対話しながら説明した内容が放映されるはずである

  放映時間は以下のとおりである

ホットタブのように同じ重炭酸ということで色も形も大きさも同じ類似品があるが

類似品は目に入ると痛いので 危険ですからシャワーでは使うときは目に入らないよう

ご注意をお願いしたい


国内での放映日(BS-1)
1
27(月)
03:00-03:28

海外での放映日(NHK WORLD)

120() 日本時間(JST
 
23:30-23:58, 翌日03:30-03:58, 07:30-07:58,
11:30-11:58, 15:30-15:58, 19:30-19:58(
すべて日本時間)
NHK WORLDは地域によってはケブルテレビでもご覧いただけます。
 
NHK WORLDが観られるケブル局はこちらになります。
 
< http://www.nhk.or.jp/nhkworld/japanese/tv/howto/index.html>

上記の時間(海外での放映時間)NHK WORLDムペジに
 
アクセスいただくと動画をご覧いただけます。
 
< http://www.nhk.or.jp/nhkworld/index.html> (右上の画面)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

コニカミノルタ 実業団駅伝日本一 2連覇おめでとう

何と言ってもおめでたい

コニカミノルタが昨年に続いて2連覇

毎年元旦は実業団駅伝の応援、

21世紀に入って7回も優勝をしているのがコニカ陸上部

5区で3位からの13秒を縮めトップに踊り出る

そして、

6区の新田がスタート直後の強い逆風の3kをあえて下がって

トヨタの後ろにつき頭脳プレーで抑えぎみに出て、

風が弱くなる4K付近からトップをとり 6k付近で一気にギアチェンジ

ぐんぐん差を広げ独走体制にはいり

1分30秒以上の差をつけてアンカーにつなぎ優勝をさらった

4区の日清食品のアクシデントに救われた感はあるが

上り下りのコースと風を読んだ見事なレース運びであった。

いずれにしろ 毎年のことではあるが、天運がすべてを左右する

実力だけでは勝てない、実力だけなら 日清食品だったかもしれない

昨年の元旦は

朝4時に電話が鳴り 長女に初めての男子誕生

次女には3人の孫がいたが 長女には長い間子供ができなかった

炭酸泉で暖まったおかげで高齢でも妊娠し、めでたく出産でき

4番目の孫が誕生、そしてその日めでたくコニカが久しぶりの優勝を果たしてくれた

今年も めでたいコニカの優勝で正月が明け、」明るい元旦になった。

今夜も 熱燗を飲みながら

白鵬の応援歌 天運をうたって 唄いはじめとしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »