« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

地域別平均寿命と酸性炭酸泉

昨日、マイナスイオン応用学会(東大 山上会館)に参加した。

体の基本をなす 水の作用や 鍼灸 東洋医学を応用した自然療養の大切さなど

いろいろな角度から 各界の研究者がお話を聞かせてくれた。

懇親会の席上ある先生とお話ししていたら、

地域別の平均寿命の話になり

なぜ東北3県が最短命 45,46,47位にいるのか?というお話になり 

その原因は水のPHにあり

これらの県の水は酸性なのだそうだ

飲み水もそうだが 

毎晩はいるお風呂も酸性であり、 近所の温泉もみな酸性なのだそうだ

なるほどとは思いながらほんとうかな?

どの程度酸性か? おそらく微酸性かとは思うが

もしそうだとしたら

酸性の炭酸ガス入浴剤が体に良くない理由がよくわかる気がした

世の中炭酸、炭酸 お茶までHOT 炭酸などがもてはやされるが

これら炭酸ガスを含めば必ず、酸性でしかない

炭酸ガスは酸性でしか存在しないからである

ビールもコーラも

人工炭酸泉も PHは4から5である

炭酸ガス濃度さえ高ければ。。という単純な考えで酸性で設計したのでは 

体に良いはずの炭酸が返ってあだになってしまうのかもしれない?

体や体液血液皆中性だから

体に良いのは中性PHの重炭酸イオンであることがこの先生のお話から納得できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

銀座松屋の女性が選ぶスグレモノ展にHot Tabが選ばれる1

___1_3

本日30日から11月7日まで銀座松屋1F催事コーナーで

女性が選んだスグレモノ展が開催され,

スグレモノおよそ10商品に Hot Tabが選ばれ展示販売されている。

松屋の社員さんにもすごく人気があり、人の健康のためにも伸ばしたい商品です、

力を入れてゆきますと 催事担当責任者の方からのコメントであった。

お店の女性店員さんからも、すごい人気があり この展示販売に選ばれたという

女性店員さんは冷え性の方が多く、驚くほど体が温まり、お風呂を出てもポカポカするとか、

彼女達は一日中立ちっぱなしだから、常に足の血流が悪く、疲労がひどい

Hot Tabのお風呂に入ると疲労が劇的に回復し 血流がよくなり楽になるという

ありがたい評価である

美容院の店員さんの場合も同じで

1日10時間も立ちっぱなしとかが多く

下肢静脈瘤になる方も多いのだそうだ。

血行が改善され症状が和らぐし、お肌も 髪の毛もすべすべになり エステのような入浴が楽しめるのが良いという

今までの入浴剤は単に体が温まるとか匂いが癒してくれるとかだったが

Hot Tabは

美容にも 美髪にも 汗のにおいや加齢臭まで きれいにさっぱりしてくれる

マルチ機能(ヘルスケア、スキンケア、ヘアケア、デオドラントケア)

の全身高級エステのような入浴剤として展示されている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

重炭酸湯 ホットタブの商品価値

ネット販売専門業者様から

スパークリング ホットタブを取扱いできないか?

 というお問い合わせをいただいた。

 今このネット販売での安売りに苦労させられてきた。

 最近はどんな商品でも必ずネットで安売りされ一過性で消えてゆく

 

 弊社入浴剤 スパークリング ホットタブは旧パッケージはネット販売で

 乱売されて価格が乱れ、

 お店で一生懸命Hot Tabの効果や価値を説明して販売してくれた方々に

 ご迷惑をかけた

  新パッケージからは基本的にはネット販売禁止で販売契約をしており

  どうしてもネットで販売したい業者には

  希望小売価格で販売するようお願いをしている

 政府もデフレ防止の観点から

 

 

 定価を乱して乱売廉売するような場合に出荷を制限できるような法案を検討しており

 

 

 独禁法の考え方が変わってくるのを期待している

Hot Tabは

  シャワーでも使える 高級多機能な入浴剤であるが

 お風呂に入るか、シャワーでも重炭酸イオンが浴びられて、驚くほど体が温まり

 

 ヘルスケア、エージングケア、スキンケア、ヘアケア、デオドラントの

  5つの機能が発揮される画期的な入浴剤であり、しかも成分は重曹とクエン酸という自

 然素材だけの極めてシンプルなもの、体に良くない色も匂いも全く含まない

 シンプルだから神秘的な効果を発揮するのだが

その秘密は製造方法造粒法と 錠剤の硬さにある、1錠1錠、丁寧に特殊な製造法で作ら

れるのだが、其の製法特許技術を搭載し 本物健康入浴剤として 高級ブランドに育てる

べく普及を図ってゆく、本当の価値がわかる方、 そういう方以外には無理して販売しない

ようにしている

 低価格で大量販売をしたい方には 安く大量に作れる類似の入浴剤の取扱いをお勧め

している

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »