« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

安保免疫理論、体温上げれば、癌は治せるか?

安保先生は癌になったら

抗癌治療は拒否して、

体を温め、深呼吸し、玄米食べれば必ず治る

という意見

一見無謀な理論で暴論にも聞こえるが、

数年前

神田の学士会館で食物繊維と免疫の会があったとき

哲学者でハワイ大学の 吉川宗男名誉教授がこの会に来てくれたそうです

吉川教授はその数年前大腸癌にかかったのですが

その診断が下った後、たまたま日本に帰国したそうですが

その時、偶然書店で安保先生の免疫学の著書に出会い

抗癌処理を拒否し 体を温め、深呼吸し、玄米食べていれば

大抵は治るという記述に出会い 

真面目に体を温め、深呼吸で酸素を取り込み

玄米など食事を工夫し、安保理論にかけてみたそうです。

そして

見事癌を克服し、再発させないということを1年で達成し

その理論の正しさに

わざわざ安保教授に

お礼に駆け付けられたのだそうです

間違っているかどうかより

安保理論で助かっている方が大勢いるという事実が

大切なのであり

信じて救われれば、それでいいのではないか?

私も安保理論を信じ切ってその効果をhot tabで実践し

少しでも国家の医療費削減のお役に立てればと思う

Hot tab入浴 、深呼吸、玄米の3種の神器で癌患者を一人でも救われれば

理論が正しいか?

どうかなど全く問題にしないつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

安保徹先生(元新潟大学教授)の主張

医学界からは評判が悪いが、安保先生の主張は正しいと思う

人の健康を本当に考え、患者さんの身になって考え発言している

西洋医学の薬万能、部品手術を批判している

医療費の膨大な拡大は医者を守るためでしかなく国民をだめにし亡国の元と言い切る

壊れたら直せばよいという部分的な治療や

抗がん剤、

IPS再生医療と続くが

本当にそうだろうか?」

と疑問を投げかける

身体は本来

自律神経と免疫(白血球)がすべてを決めているのだから、

病気になる原因 生活を改めるべきだという

ストレスを解消し体を温め

交感神経と副交感神経の両方を高め

身体を温めれば

どんな病気も治るし 

病気などにはならないはず

(私はこの先生の考え方を支持しHot tab入浴を開発したのだが)

ノーベル賞をもらったピロリ菌発見者でさえ、なぜ?ノーベル賞と疑問を投げる

ピロリ菌など日本人全員にいる常在菌だそうだ

身体が不調になると免疫の顆粒球がピロリ菌に反応し 潰瘍などになる

むしろ体の不調を訴えるセンサーなのだと

このピロリ菌を除菌してしまおうなどというのは言語道断

高血圧も医療費を圧迫し患者を作っているという

戦後はづっと180以上が高血圧と診断されてきた

降圧剤投与の対象は180以上だったそうだ。

戦前戦後と皆重労働と汗を補う塩分取リ過ぎから

高血圧や脳溢血の患者が多かった、

しかし

戦後、生活が一変し 180以上の患者はめっきり減ってしまい

困った医療界、医者を守るため、薬を出せる高血圧の基準を160とした

しかしそれでも

患者はどんどん減っていったため、

さらに基準を下げ

今では140以上が高血圧 

それってないだろうという

米国などでは 140は理想の血圧

なのに日本では

降圧剤が投与され、降圧剤は一度飲んだら飲み続けなければならず

永久に薬と離れられなくなる

癌の治療も

抗癌剤が患者を殺すとまで言い切る

抗がん剤処理など絶対に拒否して

身体を休め 体を温めれば、必ず治るという

癌はストレスや激務、または薬の身体へのストレスによる、低体温化による

体の悲鳴だという

身体が耐え切れなくなり、一部の細胞が先祖返り(分裂を始める)

して細胞分裂していた人間の古代の細胞に先祖帰りする現象だという

35度台の体温だと癌は最も活発に分裂する

36.5度以上に維持すれば、これがどんどん消えてゆくという

放射線治療が出る前の

古典的な癌治療はウイルス投与での発熱発病での高熱治療だったことからも

納得できる

糖尿病の透析だって保険で国家が年間500万円本人は数万円

医者はもうかるから手術や移植はせずすぐ透析する

患者数に対する透析の比率は、米国の40倍とか

あらゆることが

本人負担が低いから安易に医者に騙され投薬され

薬を飲めば必ず

薬のストレスで身体は低血流低体温となる

そして病気はどんどん進行し 

別の病気も発病する

安保先生は医学博士であるが

医者ではないから本来は治療のことに口出すのはおかしいといわれるが

あえて、西洋医学の治療の矛盾をつき

悪循環を暴いている

先日も八王子で講演してくれたが

たくさんのご本を書き、

講演に精を出すのも 金儲けではない

現に私のお願いや協力要請には

一切お金も代償も要求しない

あなたの考えと意気投合するから

好きでやっているだけそういって笑ってくださる

人の健康をいかに大事に考え、日本の医療費圧迫による財政事情の悪化を

心配し

国民を医者の集金システムに組み込む現代医療界の悪循環を断罪し

医療界からのパッシングを一身に受け 

先生の講演を聞いて病気を治した

という方のお礼の言葉を力に

一人で戦っている

義侠の人だと思う

この安保先生の考え

 体温あげさえすればを実現する 

家庭で簡単に体温を36.5度以上にできる入浴習慣が

人工炭酸泉以上の温浴効果が出る

スパークリングHot tabだと思う

これも

儲けや商売ではなく

安保先生の考える免疫学を実践し

絶対に彼の思いを実際の患者で証明してみせるという

私の信念でもある

安保先生がんばれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

Hot Tab 専用 ワンタッチシャワーヘッド

8月12日発売予定のHot Tab 専用スパークリングシャワーが完成した

なんといっても日本製がいいねと言っていただいた。

機能は夢のワンタッチ開閉

45度回せば胴が開閉でき

ワンタッチで錠剤を装填できる

錠剤の溶解時間をいかに長くするかに苦労した

水の強さ、水量にもよるが

6から8分程度の長さにすることができた

普通のシャワーヘッドだと

2,3分で溶けてしまうが

この専用シャワーヘッドでは

錠剤を縦に入れ 邪魔板をつけたから

錠剤への水のあたりを押さえ

溶解を非常に長くすることができた

なんといっても

ワンタッチで開閉できるのが夢だったが

入浴中の操作がとても簡単で良い

シャワーで長めにHot tabの水を浴びると

体がポカポカして温まるのがわかる

入浴でなく 

シャワーでも体が温まれれば

新しい発見である

中国はもちろん、海外はほとんどシャワーだけで入浴する。

このシャワーヘッドが大きな武器になりそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

幸せは盗む物ではありません。

幸せは盗むものではありません。

人から盗んでも、決して幸せにはなれません

確かにホットタブは素晴らしい健康効果と

素晴らしい美容美髪 癒しの効果があります

人の健康、人の幸せにために、この男なら世の中のため

生かしてくれる、神様がそう思ったから、

私に発明させてくれたのだと思う。

他人が盗んで事業にしても

決して世のためには、生かせない

むしろ今の事業まで失ってしまうでしょう

幸せは求めてゆくものではなく

今自分に与えられているものの中に

見つけてゆくものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運とかツキはどこからくる?

これだけ幸運に恵まれ

毎日感謝しても感謝しきれないような

大きなおかげに毎日包まれる

ありがたいことと感謝しきれない毎日だが

そんな私でも、

それが幸運と分かるまでは 

幸運につながる最初の事柄は 

たいていが自分にとって悪いことだったり、

エッツ、と思うような逆境だったりする

それが後になると必ず良い結果になるから不思議だ

あんな最悪、と思えるようなことでも

大きな幸運に変わりそれがなかったら

その幸運はありえないような形で現れる

必ず

ヘーッ、と思えるような逆転が起こる

日ごろの私の心構えが、良ければよいほど

その逆転の幸運度が大きい

大きなおかげの褒美となる

多少潔癖すぎるかも、しれないが

 良心に照らして恥ずかしくない、

 正義と利他の心に こだわることが良い結果を生むようだ

 

 体温36.5度を合言葉に Hot Tabを普及させ、

 家庭でできる簡単体温向上策として

 Hot Tab入浴習慣を社会に定着させ 常識にしたい

それが経営理念でもある

 ぴんぴんころりと誰もが天寿を全うできる

 健康長寿国家を作りあげたい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

炭酸ガスと重炭酸の違い

炭酸ガスには

手を入れると泡が肌につき、

炭酸ガスに触れた部分、液に浸かった部分だけ赤く紅潮化する

赤い色は赤血球の色だが

重炭酸HOT TABの場合は 体の一部を部分的に漬けても

どこも紅潮などしない、

そのままの色で血流が上がり、体温が上がる

なぜだろう?

炭酸ガスは酸性で、重炭酸イオンは数%しか存在しない

肌が浸かると 小分子のガスが浸透し血液に触れるが酸性が強く重炭酸になれず

血管に触れても

物理的な吸着のため多くは吸収されず

全体には運ばれず、全体の血管が拡張することはない野だろう

だから 

浸かった部分だけ血管拡張し血流が上がり紅潮化する

液に浸かった部分しか効かないともいえる

重炭酸 HOTtabなら

血管にそのまま溶解する重炭酸イオンだから

わずかでも血液に吸収されれば

血液への溶解度が高く、血液とともに直ちに全身に回る

どこでへでも流れてゆく

だから

血流は全身でおこり、浸かった部分だけ赤くなることはない

どこが浸かっても全身の血管が拡張し血流が上がるのだろう

だから浸かった部分だけ赤くなるなどということはないかもしれない

そんな説明をあるお客様から求められた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

アトピーの方のホットタブのお風呂の入り方

仙台の丸山アレルギークリニック

毎日全国から大勢の患者さんがくる

この先生Oリング診断で有名な先生だが、

どんな患者さんにも 病気を直してあげたいいという

強い意志を持ち

患者さんの身になって治療する

おもろい先生だ

この先生がアトピー患者にホットタブを使った臨床を行い

アトピーは必ず治せるといってくれている

体温を上げ 免疫力を上げれば

必ず治ると

ただし血流があがるから

少し赤くなったり

少しカユミが出ると

みなやめてしまう

少し 我慢してホットタブ湯に入り続ければ

必ず治るという

アトピーの方は

かゆいということに敏感でトラウマになっているから

普段と少し違っても警戒してやめてしまう

しかし

Hot tabなら

必ず治せると信じ 低温でもいいからゆっくり長く入り続ける

お風呂で体温上げれば

必ず直るそうだ

アトピーの方は

低い温度で入り続けること

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

血流測定  レーザードップラー血流計

血液のPHが中性であること

著名な効果の高い自然炭酸泉のPHが酸性ではなく中性であることから

炭酸泉の効果は炭酸ガスではなく

重炭酸イオンであることを言い続けているが

実際の臨床試験で立証しようと大学病院の臨床センターと臨床テストを進めている

酸性の人工炭酸泉 PH5では炭酸ガス1000ppmのとき、

PHが7,35の血管へ吸収されるはずの重炭酸イオン濃度は、

わずかに解離してできる5%程度で50ppm程度と推察される

  どんなに過飽和に溶かしても炭酸ガスは最大1000ppmしか溶けない

  だからもし重炭酸が炭酸効果の大元だとすれば

  普通の入浴剤で、50ppm程度の重炭酸イオン濃度は作れる

  ドイツのバーデンバーデンや大分の長湯のPHは6.7以上の中性

 

 重炭酸イオン湯なら天然炭酸泉以上の温浴効果を毎日家庭で楽しめる

 家庭で体温を簡単にあげられるはず

そう思って開発したのがHot Tab

お風呂の容量が200リッターであるなら 50ppmは10gの重炭酸イオンである

約10グラムの重炭酸イオンで人工炭酸泉の炭酸ガスの最大濃度に匹敵する

血流を上げ体を暖めるのなら(50mg×200=10,000mg=10g)

これはホットタブなら1錠か2錠で十分という計算になる

高いお金を出して、

ガスボンベから人工炭酸泉装置を使って

炭酸ガスを無理やり高濃度に溶解しても 酸性では発生する重炭酸イオンはわずかであり

たった1錠か2錠のホットタブと同じ効果でしかないなどと、

誰が考えても信じられないし、信じてもらえなかった。

しかしながら

人工炭酸泉とホットタブを比較したお客様はみな、ホットタブ5条のほうがはるかに

体が温まるという

しかし証拠がなかった、臨床エビデンスがなければ

計算だけでは信用されない

炭酸、炭酸とブームのようにいうが、

大事なのは炭酸ガス濃度ではなく

重炭酸イオンなのだという証拠を

入浴時の血流の値を比較して示す必要がある

レーザードップラー血流計を導入し

実際の入浴テストで血流量の増加として測定し

比較してみようというものだ。

今日その測定の心臓部 レーザードップラー血流計を実際に見せていただき

自分の指先の血流を測定してみた。

勿論その装置の販売会社のオフイスだから入浴ではなく 

普通の体の血流だが

指先に光ファイバーの先端のレーザ^照射と反射光を受光するセンサーを貼り付け

るとパソコン画面上に1秒間に2000回の測定値が波形で表示される

安定して血が流れている様子が映し出される

平均流量は36ml/分である

指を押さえると血流がとまる

生きている姿がありありとわかる

こんな末端の毛細管でも これだけの血が流れているのだ

心臓が動いているのは知っていたが

その心臓の仕事の結果として指先だろうと、どんな隅々まで

血が流れて細胞が生命として生かされている

何もしなくても心臓が動き酸素が取り込まれ

血流が起きている

生かされて生きているという姿がありありとわかり

ありがたいことだと感動した

心拍数も解析でき、解析で自律神経の状態もわかるという

これさえあれば

会社にはお風呂が3つもあり

いつでも実験できる

今までは理屈や体感を感覚で述べてきたが

これからはデータで証明できる

高価な機械だが

購入することにした

今後は人工炭酸泉や酸性の市販の入浴剤との違い

勿論偽物との効果の違いなど

はたまた

足湯の効果や頭皮の血流など 

重炭酸イオンが

いかに血流を上げるか

その効果を証明しお話しできる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

自民党が圧勝 しかし 憲法改正はさせてはならない

憲法9条は占領下の米軍が書いたものと

憲法改正願望派はいうが

実は

当時の幣原喜重郎首相が考え 昭和天皇とひそかに謀ったか同課はわからないが

マッカーサーに提案したものだといわれ

マッカーサーの回顧録にも確かにそう書かれている

戦後 朝鮮戦争でもベトナム戦争でも

米国からの要請を断り 再軍備をせず、外国で日本は全く戦わず

外国の兵を殺さずに来ることができた

どんなに残酷な学校での銃乱射大量殺人事件が起きても

大勢の生徒が学校で射殺され大量に死んでも

銃規制が進まないのが米国社会

銃で自分を守る権利は

憲法で守られた最低に生きる権利であり

絶対に放さないというのが米国民の姿なのである

これは西部開拓、フロンテイア精神でもあるのだ

銃や武器を持つ権利は

基本的な人権として最も重要だというのが米国人の基本的な考えだから

ましてやマッカーサーは軍人だ

米国の軍人が、

たとえ、敗戦国、といえども武器を憲法で永久に捨てさせるなど 

あるはずがないと

マッカーサー自身が語っている

交戦権を認めない戦争放棄など米国人の発想としてないのだから

日本人に押し付けるはずがないという

天皇の戦争責任を米国以外の連合国の追求から守るため

マッカーサーに提案したのが幣原首相だそうだが

マッカーサーもその案はなるほどいいかもしれないと、

そう思ってこの案を受け入れ 

幣原首相の提案どおり GHQに書かせたものだという

その後朝鮮戦争が始まると米国は再軍備を迫るが

憲法9条を盾にとり 頑として受け入れなかったのが

吉田首相である

鈴木貫太郎 幣原喜重郎 吉田茂が昭和の3傑と言われるゆえんだ

彼らは

経済復興を優先させ 

 マッカーサ^に押し付けられたとうそを言いながら

憲法9条を盾にとって 軍備費用の一切を経済につぎ込み

日本の発展を進めてきたといわれる

朝鮮動乱特需をばねに 戦後の日本復活の

きっかけをつかんだものだ

いまどき武力など何の役にも立たない

不戦の誓いが最も強い守りとなる

中国だろうが 韓国だろうが

どんな些細なことでも武力を使ってはならない

憲法9条を絶対死守すべきだと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

美容室の炭酸や重炭酸ヘッドスパ&ヘアケアサービス

八王子の会社の近くの美容室での実験

ホットタブで、ヘッドクレンジングとヘアケアの実験を行った。

仕上げた後、髪にドライヤーかけている美容師さんが

髪のコシが全く違う、炭酸ガスのヘッドスパとまったく違いますね

美容師さんならすぐわかる

という

なぜ?ですか? 

炭酸ガスの高い装置を買ったんですがねと

聞かれ

これは不思議だという

説明に苦労するが

炭酸ガスは溶かした液が酸性になってしまい

髪にも、お肌にも、作用しないから、まったく意味がないんです

身体も髪の毛もPHは中性なのです

わずかに解離して生じる重炭酸イオンが

体にもお肌にも髪の毛にも作用し効果を発揮しているだけ

のはずだから 

酸性で炭酸ガスをいくら高濃度にしても

最大1000ppm(1g/リッター)意味がない

中性の重炭酸イオンのホットタブなら

シャンプーボウルにたった1錠で

炭酸ガス1000ppm以上の効果がでてしまう

そして被験者のお客様も、

やってもらっていて効果がはっきりわかると言う

何やら女性は 自分の手で髪を触らなくても 

わかるのだそうだ

すごい、美に敏感なのにはびっくりした

今までの炭酸ガスを吹き込む20万円から

60万円の機械装置の施術より、重炭酸タブレット1錠で

はるかに効果が高いということがこのお店の実験で立証できた

昨日

弊社の女子社員が馴染みの美容室さんへ行ったら、

オーナーさんと炭酸泉と重炭酸ホットタブの話になり、

8月以降 炭酸ガスの装置の導入を考えていたらしく

現在、機材で炭酸を出すのがよいのか?

初期投資が少ないタブレット式がよいのか?

他サロンさんの評判も聞いて決めようとしていたのだそうだ

資料・サンプル・説明などを要望されたそうで、

早速このお話をしてあげたらと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

赤ちゃんと入れるうれしい入浴剤

あるお母さんから手紙をいただいた

友人のお母さん 

みんなが赤ちゃんのあせもで困っているという

ホットタブに入っている 

うちの子供は全くあせも知らずで大丈夫

感謝しています

自分も産後の冷え性がひどかったが 

今は温まれるから、とても健康だと お礼を言われた

そしてホットタブは無香料 未着色、無添加だから

小さな赤ちゃんが一緒に入れるのでうれしいという

今まで美容院で買っていたが

重炭酸イオンとクエン酸で健康を創る会のHPから購入している

夏でもすごくありがたい入浴剤だ

こういう

うれしい便りやお礼状がたくさん寄せられてくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

美容院での炭酸ヘッドスパの実験

多くの美容院に炭酸ガスをボンベから供給し

シャンプーボールで髪と頭皮をケアする

炭酸ヘッドクレンジングのサービスが流行っている

炭酸ガスは水に溶けると酸性になるから

炭酸といえば炭酸ガスが大事だと思っていても

酸性のままではお客様の気持ちよさはあまり大きくはなく

、わーすごいとはならない

この炭酸ガスの頭皮デトックスに

弊社の開発した

炭酸ガスを中性で重炭酸イオンに変化させ

髪のコシを強くし フサフサ、スベスベにして

頭皮の血行を上げ 養毛効果もでる

そしてその効果が一回でわかる

わーすごい、全然違う、と

本人は勿論だが、美容師さんもこれはすごいと分かる

そんなサービスが可能になる

添加剤が出来上がった

美容院の経営者が実際にお店で体験実験してみた

予想通りの結果が得られ

私自身もびっくりした

ネーミングが大事だが処方は出来上がった

贅沢炭酸デトックス

どういうネーミングになるか楽しみだ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

汗のにおいや加齢臭

ホットタブに入ると加齢臭もいろいろな体の気になるにおいも消えるという

低体温の方は体の臭いが出やすい

疲労物質の乳酸がたまりやすく

体内環境が酸性に傾き

汗腺でアンモニアが生成されやすく

においのもとになるのだという

重炭酸イオンは体温を上げ

からだをアルカリ性に傾け

アンモニアの生成を防ぎ

体温あげればにおいも消える

またクエン酸には殺菌作用があり

これも体のにおい消しには良いのだそうだ

これは五味常明さんの説だ

加齢臭のもとはノネナール

このノネナール発生のもとはストレスだそうで

ストレスは交感神経優位となり低血流から低体温低酸素となる

そして

活性酸素が大量に発生するようになり

ノネナールが出てにおうのだそうだ

ホットタブには体温を上げ 副交感神経を高め

ストレスを解消する癒し効果もある

重炭酸イオンと水素イオンの発生があり

活性酸素は水素イオンで中和される

何が良いのかは立証されていないが

からだのあらゆる匂いに

ホットタブが効果が高そうである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

海外対応

重炭酸 Hot Tabの海外からの評価が高い

問い合わせが殺到している

海外営業担当の募集を行い 3名の採用を決定本日MTを行った。

みな素晴らしいキャリアの持ち主

しかも英語は TOEIC 800点以上

素晴らしい海外営業部ができ上がる

明日から

この強力メンバーを加えて海外営業の再構築を行う

楽しみだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

免疫性の改善

死亡率トップの癌は 男性は51% 女性は48%程度で、2人に一人

が癌で死亡する

重炭酸入浴で体温あげれば癌を予防できるかもしれないが

今日は小腸まで届く乳酸菌を紹介された。

兆味料という商品名なのだが、

癌にかかった方の再発 転移防止で購入される方が多く

相当たくさんの方の再発防止例があるそうだ

この乳酸菌は

人の小腸から分離抽出した株から育てた種で

非常に特殊な製法で作られ

腸にまで届いて、腸管で強力な免疫を作り出す

入浴だけでなく

こういう高免疫性菌を

体内に作れる商品をそろえて

ホットアルバムが主体に販売し

お客様の健康に貢献してゆきたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

関東疲労懇話会

関東疲労研究会が開かれ、

初めて参加した。

疲労を自律神経を測定することで定量化することに成功し

疲労測定を広く普及させ 

いろいろな病気を予防しようと活動しているのが疲労懇話会

疲労は自律神経のバランスと自律神経年齢(機能劣化)を測定し、

実年齢との差で算出、

安心、注意、危険 の3段階に分けて診断する

危険状態の顧客をどう指導するか?

で未病状態の方を救える

、 

この診断で

いろいろな病気を予防することができるという

そういう活動を推進している研究会なようだが、

彼らに言わせると

今や日本は国民総疲労状態にあり

病気一歩手前であったり、鬱状態、自殺に追い込まれる寸前の人間が

何百万人もいるという

これをどう防ぐか?が

会議の話題でもあるのだが

この場での予防策は

ミトコンドリアでのエネルギー(ATP)生成性へのコエンザイムQ10による

ミトコンドリアの活性化による 

疲労回復であったり

他のサプリや、運動での筋肉増強であったり、するのだが

ホットタブの重炭酸イオン入浴もお役に立てそうだと確信した。

体を温め、血流を高め 酸素吸収を高めれば

確実に自律神経機能が高まるからだ。

トップアスリートや激務の肉体労働者の疲れが、ホットタブで驚くほど取れる、

のも自律神経が向上するためといわれており

疲れは

交感神経が高まり

緊張状態で低体温で、自律神経機能低下となってあらわれるからだ。

ぜひこのグループのお役に立てればと思う

疲れを測定できても、改善する手段がなければ意味がない

ホットタブが最良の疲労回復手段になれれば

多くの方が自殺から救えるかもしれない

鬱の方へのHot Tab入浴の臨床をぜひ進めようと思う

昨年、

岡山のお客様から、Hot Tab入浴を続けたら

お風呂嫌いな息子が入るようになり

家から出て外出するようになり友達もできて

鬱が治ったということを聞いたのを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

医療費の削減

参院選のもう一つの興味は消費税を上げることができるか?どうか?

国家財政は破たんに近い、1000兆円

その中でも医療費の負担の増加が大きい

72歳以上が17兆円

72歳以下で17兆円、毎年1兆円程度も増加する

消費税を上げるよりは 

医療費の削減を図ることが重要なのは誰もが分かっており

政府も国家競争力会議で、

国民の健康 未病対策に力を入れる方向を打ち出してはいる

しかしながら

実際の策はなく、やはり頼りは消費税となり

自民党が圧勝すれば消費税は必ずアップしよう

HOT TABの開発の目的は

家庭での入浴習慣で体温を上げることができれば

Hot Tabで国民の平均体温を1度上げることができれば

健康長寿国家の建設ができるはず

そうすれば、大幅な 医療費の削減につながる

消費税など上げなくても

4兆円程度の医療費削減は可能なはずだ

戦後の日本人の平均体温は一度下がり

免疫性も30%下がったはずといわれる

アトピーや花粉症、糖尿病や鬱など、

戦前はなかったいろいろな病気が増え

34兆円にも達してしまった

HOT TABは

少し高いが

毎日 家庭でお風呂に使えば 習慣化することができれば

平均体温は確実に上げられ

健康が創れるはずである

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

憲法改正を考える 参院選での選択

参院選がまったく盛り上がらない

投票率は最悪を記録するかも

自民党や公明党など組織票の独壇場となろう

参院が自公で過半数となれば

憲法96条が改正され、次いで9条も見直される道が開けてしまう

国際紛争において永久に戦争を放棄した日本国憲法は

マッカーサーをだまして勝ち取った崇高な平和憲法であり

核戦争、宇宙衛星からピンポイントでミサイル攻撃ができる

サイバー戦争の時代

武力など持って見ても何の役にも立たない

勝っても、負けても悲惨な戦いとなる

もっとも賢い 戦い方は、

武力を持たず 粘り強く交渉することだ

鈴木貫太郎 幣原喜重郎、吉田茂、昭和天皇が極秘に練って

マッカーサーをだまし

憲法に潜り込ませた

救国の条項 9条

国際紛争を解決するための戦力を永久に放棄

世界がびっくりした条項だ

戦後60年

朝鮮戦争にもベトナム戦争にも行かずに

対米同盟国を通した

外交戦略の勝利だった。

韓国は朝鮮戦争で200万人の死者をだし

ベトナム戦争でも猛虎軍団が活躍し

今でもベトナムの恨みを買っている

日本は最低の自衛隊軍備で 

経済優先を通してこられた

折角の最高の平和憲法である

これを今更放棄することはない

絶対に戦争放棄は捨てるべきではない

日本のためにも憲法96条を変えさせてはならない

参院選に行こう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

あるお客様の声から

Hot Tabのリピート率は91%、これは実はすごい数字

なんといっても一回入浴すればその良さがわかるからだが

2日前 サンプルを差し上げたお客様から英文付きで感謝の声が

以下転記させて頂く

 

 
 

小星社長様

 

 

 

 

 

昨日は、お忙しい中、Hot TABをいただきましてありがとう

 

ございました。 

 

 

 

頂いたHOT TAB、

昨夜と今夜、使いました。

 

シャンプーなしでの洗髪でも、とてもすっきりし、さらに

 

髪を乾かした後、ふっくら、ふさふさ感がありびっくり驚きました。

 

泡がない分、丁寧に頭皮マッサージができます。

 

 

 

お風呂も、

家族の感想は、体温を上げる効果がある

 

にもかかわらず、さっぱり、清涼感があります。

 

 

 

シャワーヘッドも気持ちよく使えました。

 

 

 

What a refreshing tablet!

 

HOT TAB gives a pleasant sensation of   coolness and

 

refreshing feeling in summer but it   keeps our body warmer!

 

 

 

Amazingly smooth and rich!

 

Without shampoo, HOT TAB makes our   hair smooth and rich!

 

 

 

Sincerely

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

お客様の質問

Hot Tabを取り扱いたいというお客様が見えた。

大手の優良店で扱うとバイヤーの質問は過去の経験から失敗例を引き合いのものが多い

お風呂場に封を開けて置きっ放しにしておいて爆発しないか?

過去の商品であったらしい

Hottabは封を開け放して

お風呂場に置いておいても湿気は来ないし

反応もしない

ちなみに

他社の商品と比べて

ガラスのシリンダーに水を入れ

溶解の比較試験を見てもらった。

酸性の炭酸ガス中心の商品は

ぼこぼこ音を立てて激しく発砲し、

泡のほとんどは空気中に逃げてしまっているのが分かる

炭酸ガスは水にはたった1gしか溶けない。

そのうちのわずかな解離で生じる重炭酸イオンを使っているに等しいから

商品の90%は無駄になってしまっているということだろう

一方

Hot Tabは静かに細かい泡を発生しながら

水に溶けてしまう

泡は限りなく細かく静かに発生し

中性ペーハーだから

重炭酸イオンに変化していくらでも水に溶解する

体や血管と同じペーハーだから

重炭酸イオンはそのまま有効成分となり

体を温める

炭酸ガス入浴剤と比べて透明の水槽で観察すると

泡が無駄にならない様子が手にとるようにわかる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

誰でも癌になる可能性

男性が癌になる確率53%

女性が癌になる可能性43%

2人に一人が死亡率トップの癌になる確率だ

私だけは50%の癌にならない人のはず

皆が皆 そう思っているが統計数字はうそはつかない

誰にも悲劇が来るのだそうだ。

脅すわけではないが

真実なのだ。

でも心の持ちようで避けられるそうだ

ポジティブシンキング

前向きに生きれば

癌細胞が退治できるという

どんなことでも前向きに考えれば

残りの50%のぴんぴんころり

長寿仲間になれるという

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

暑い夏は汗をかこう

梅雨が明けてしまったらしい。

真夏の暑さがやってきた、

後2か月は汗だくだくで、自律神経を鍛えなければならない

幸い、

電力不足の2011年から冷房は抑え気味、

健康にはとても良い環境だ

健康上望ましい冷房環境は、

室温30度になったら冷房を入れ 室温マイナス2度に設定するのが

最適だという。

熱中症を予防するには

脳に過剰な熱がこもらないようにする

要は頭と体をつなぐ首を冷やすことが最も効果的だそうだが

ゴルフなどで夏の暑い中、水を浸したネッカチーフを首に巻いて気化熱を奪ってもらうのが効果的で、気持よいのはそのためのようだ

人間は外気温にかかわらず体内温度は一定に保たないと

ミトコンドリアが自然死してしまい、頭がボーとしたり、意識を失ってしまう

これが熱中症の症状だ、

首を冷やすと脳の温度が一定に保たれ

脳のミトコンドリアの活動は障害を受けず、

熱中症にはならないで済む

熱中症の予防には水分だけtろっても塩分も一緒にとらないと

細胞の浸透圧が変わってしまい

発汗機能が障害を受けてやはり体がおかしくなる

だから水と塩を一緒に補給するのがよいそうだ

暑さを汗をかいて体温調節するのが自律神経なのだが

暑さと汗をかくことが自律神経を鍛えるのにとてもよく

夏は汗をかくのが体によいのだ

暑さも体にとってはストレスだから、汗を出し切って熱を放散すれば

心身はすっきりするはずなのです

それでも暑さで体がだるいのは 

熱がまだ体に残っている証拠なのだそうで

そんな人に必要なのは汗をかく練習だという

暑いからこそ

暑いお風呂に入ってたくさん汗をかくのが 自律神経を鍛え

暑さをしのげる強い体をつくる健康法なのだそうだ

冷やそう面ばかりでなく

時にはアツアツ料理でたっぷり汗をかく

これが健康法

HOT tabが夏こそ最適な入浴剤なのは

お風呂に5錠も入れて ゆっくり入れば、体が温まり

たっぷり汗をかけるからです

Hot Tabなら

血管が広がっているから 入浴の後は薄着でいれば

毛細血管の空冷が効いて

さわやかな 涼感さえ感じられます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

癌にならない免疫学

日本の、いや世界の免疫学に革命を与えた元新潟大学大学院教授

安保徹氏の著書、何冊読み漁ったか?

すべての病気の原因は低体温と言い切り

投薬万能だった、西洋医学が最も欠けていた 

体の本来の機能である免疫力や自律神経の働きなどを

未病 予防の立場で

やさしく身近なものにしてくれたのが安保先生だと思う

。。

身近な方が、どんどん癌で亡くなってゆく、

アトピー 鬱、糖尿病花粉症など

戦前にはなかった病気が増え

癌が死亡原因のトップになっている。

この癌を防ぐ方法がないのか?。。。

。。。

私が出会ったのが安保徹氏の免疫理論だった

。。。

健康であっても毎日癌細胞は3000も生まれ免疫に駆除され

発病には至らず、退治されているという

年齢とともに、この免疫力 自律神経が衰退し、

突然、小さな癌細胞が免疫システムの目をかいくぐり

生き残り、増殖をはじめ、3年くらいで発病する

・・・

安保氏は、これら戦後の病気のすべての原因は

ストレスの増加や筋肉の減少で、体温が低下し、

ミトコンドリアでの有酸素エネルギー生産が減り、

解糖系主体のエネルギ生産になってしまったためだという

解糖系は酸素を使わないエネルギー生産だから余計低体温となってしまう

ミトコンドリアによる有酸素エネルギー生産なら体温が上昇し、免疫性も上がるのだという。。。

安保教授は

癌も糖尿も、

体を温め、血流を上げて酸素の取り込みを盛んにすれば免疫力が高まり

予防、退治できると保証している。。

もちろん医学界からはこの先生評判が悪い 

癌が治るとか?ピロリ菌は関係ないとか

断定するもんだから、

臨床結果もない理論だけで無責任だと批判する医者が多い、

薬と手術で

儲ける医学界、からは 未病 予防医学理論は

覚えがめでたいはずはない

徹底的に批判される

しかし国民にはわかりやすく 受けが良い

そんな理由から 体を温めれば。。というお医者さんが増えている

もちろん 徹底した臨床が必要だが

この安保理論と安保先生そのものが素朴で大好きだし尊敬している。

誰も言えないようなことを言い切り、

薬漬けの西洋医学に挑戦しておられる姿勢がよい

この先生

新潟に行けばいつでも快くお会いしてくれ、

時間をとって免疫学を教授してくれる

。。。。その先生が言い切る。。。。

癌や糖尿病を含む慢性病を治すには

低酸素、低体温から脱却すればよい、体を温めればよい

と。。。

癌は

低体温低酸素の危機的な体を自ら乗り越えようとする

体の防御反応なのだそうだ

。。。。

大昔、地球にまだ酸素が薄く,生命は解糖系でエネルギーを作っていた頃

我々の祖先も解糖系でエネルギーを得て

酸素は有毒な成分だった単細胞生命体だった時、

我々は、まだ細胞分裂で生きていた頃だというだ・・・

だんだん、地球上に酸素が増えてきて生きられなくなると

すごいことに酸素を味方にする組織改造に踏み切って進化をしたのだそうだ、

我々の祖先の単細胞生命体と同じように微生物だった

ミトコンドリアという酸素大好きな生物と合体することで生き残りを図ったのだという

単細胞の祖先はミトコンドリアという生命体を自分の体の中に取り込み、

寄生させて合体し今の細胞が出来上がったのだそうだ

細胞の中に寄生させ、共生するという形で

増え続ける酸素を有毒物質ではなく 

エネルギー生成する生命体に進化して

解糖系とミトコンドリア系という2つのエネルギー生産が可能な生物

人間や動物が出来上がり生き続けるようになったということです

これが人間の誕生前の生命体誕生の授業ですが 

安保先生面白い。。。

今でも100mを全速でダッシュするときは解糖系で無酸素でエネルギーを作り(無呼吸)

しかし解糖系では一定量しかエネルギーを作れないから

普段は持続性のあるミトコンドリアの有酸素で大量のATPというエネルギ物質を

作り出すのだそうだ

(少し難しいか?)

常に2通りのエネルギー生成の方法を持って生きているのが

私たち人間なのだそうだが

これが低体温だと解糖系に偏り 

癌細胞が活発化してしまう環境になる

だから免疫力で退治できなくなるのが低体温だという。。。

なぜなら

ミトコンドリアを体内の細胞に寄生させたときの大昔の約束が、。

ミトコンドリアにエネルギーをつくってもらう代わりに

母体となる細胞自身は

必要以外は細胞分裂しないという約束(制約)を受け入れ、

単細胞生物から高等生物に進化したのだという。

。。。

にもかかわらず

癌細胞は、自ら分裂を繰り返し

増殖する 昔の解糖系単細胞として成長して

手が付けられない増殖をすることになるのだそうだ

ここでよくわかりました先生。。

。。。

つまり、細胞の癌化は、低酸素、低体温の危機的状況を自ら乗り越えようとして

して

生まれる細胞の一部の先祖返り(細胞分裂が活発な生き物に帰ってしまう)

なのだという。(安保理論)

。。。

低体温、低酸素は

解糖系のエネルギー利用を活発に行い より低体温になってゆきます

(低体温は低代謝で太りやすく 糖尿病にもなりやすい)

高体温、高酸素はミトコンドリアを使ったATP生産を利用し より高体温になり

 (高代謝で太り難く いろいろな病気になりにくい)

低体温では解糖系で、細胞分裂を起こす癌細胞が生まれやすいことになります

。。だから安保教授は

癌や糖尿病を防ぎたいなら、

ストレスをなくし ゆったり、生活し

体を温め、高酸素体質にして

ミトコンドリアが活発に活動できるようにすればよい

と 言い切っておられるのです

。。。

そして、安保先生は、

そうは言いつつ 

ではどうやって低体温の体を温め

血流を上げるか?

その簡単でよい方法がなかなかなかったんだよ。。

といい、Hot tabは見事に体が温まる

とだけいい 

にこにこしながら私と君は 体温あげる点で意気投合できる相手だ 

僕は企業やビジネスには興味はないが、

国民が健康に 病気の苦しみを味あわず、ぴんぴんころり

と健康長寿国家になればそれでいいんだ

君もそういう考えだろう

僕の考えに共感して体温あげる商品を作っ手協力してくれる

僕はどこの企業も応援しないが

君のことだけは応援するよ

にこにこしながら

いつもそういってくれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

お客様からご質問

ご質問内容:

--------

この記事を大変興味深く読ませていただきましたが、疑問点が2-3 ありご質問して宜しいでしょうか?

>HOTtabでシャンプー後、清水かお湯で簡単にすすぎ洗いしてからリンスを使って軽くケアしその後 お湯で軽くすすぎ洗いして終わりです。

Q-1)巷ではいろんなタイプのリンスやコンディショナーがあって、何を基準に選べばよいのか迷ってるところです。具体的なブランド名か成分名等商品選びの参考になるものはありませんでしょうか?

お答え)

Q-2)お風呂(浴槽)に入れて使う時の疑問があります。

A15-20分の入浴をすすめてると解釈してますが、これは出たり入ったり後の「入ってる」時間の合計値なのか、連続入浴時間のことなのか?

 皮膚の表面の毛細管から重炭酸イオンが血管に吸収され 血管が拡張し 血流が上がり酸素が取り込まれ 何度も血液が循環しますので 静脈まで動脈化(さらさら)すると言われます

 毎日入りますと

血圧が下がり 毎日重炭酸風呂に入るたびに血管が伸び また日中縮み 弾力性をおび

 血管年齢が若くなるといわれ、ドイツでは心臓の湯として治療に使われている所以です

 私は医者ではないし 薬事法でも禁じられています

炭酸の一般的なおはなしをさせていただいております

また

 何分入れとか 個人的には言いませんし、まずはご自分で試してから

ご質問ください

  

ご自分の健康法は 人の意見ではなく

  いろいろ試してご自分で開発するものかと思いますので

先行き ガンで入院する辛い思いが避けられるなら 私は 40分を1日朝晩2回入って

おります

 ぬるめでほとんど入りっきり 寝て入っております

 毎日九州の長湯温泉に飛行機でゆく程 気持ちが良いですから

  45分至福の時をお湯に浸かりながらTVを見ております

 

B) 普通の入浴に比べ、劇的に汚れが排出されると受け取りましたが、だとすると

「重炭酸イオン成分」+「昨日の汚れ」がまだ残ってる、同じお風呂に「追い焚き」して「汚れたお風呂」に入ることになり、抵抗があります。

ここのところの解消策は無いものでしょうか?

お答え)

C)お風呂の残り湯を、洗濯機付属のホースで吸い上げて洗濯に使用してますが、「洗いだけ」とか「すすぎもOK」とか、注意点はありますでしょうか?

お答え)洗濯にはお使いになれますがすすぎ洗いには清水をお使いになりのがよろしいかと思います

D) 石鹸もボディシャンプーも不要とありますが、逆に、普段通り石鹸やボディシャンプーを使うことにより、不具合が発生するということでしょうか(体の表面がキレイになりすぎて”無防備状態”になる?)

Q-3HPやお会社名(株・ホットアルバム)からすると、写真関係のお会社だと思いましたが

「スパークリングホットタブ」に限定した事業展開の予定は無いのでしょうか? 商品が継続して入手できるのかとか、心配です

お答え)

弊社はわたしが

 コニカ㈱及びコニカミノルタ㈱に定年後まで勤めていたことから写真関係の技術をもとにした会社です

Hot Tabも1995年当時のコニカ㈱で私の部門が世界で初めて写真ケミカルの錠剤化に成功した技術を炭酸泉に応用し開発したものです、

またHot tabの製造は 

 東邦化学研究所という コニカの化学品製造を受け持つコニカの関係会社で製造しております

 商品は今後100年売り続ける息の長い事業として継続的に提供されますのでご心配はありません 

 富士フイルムやコニカという写真化学会社は元々アンチエージングやお肌や髪の毛などに近いゼラチンの研究などから化粧品開発技術を持っております

  ホットアルバムコム㈱も

  ㈱ホットアルバム炭酸泉タブレットも

 事業がデジタルと化粧品ではありますが2つとも

  写真の技術をもとにした信頼ある会社の技術と生産で行われており

  小さい会社ながらも

  特許は対象国 全世界に出願し 大学病院関係での臨床試験をすすめ

、品質管理にも万全を期し

  展示会でも一流企業なみの展示を行っております

コニカが写真事業から 撤退したのを機に 写真技術で写真のお客様に恩返しをしようと志したのがこの2つの会社です

Hot tabは 国民の未病健康作りに寄与し

膨大な医療費削減を目的に

国家競争力会議でも推進している 健康生活 未病対策の生活習慣にしたいと願って

新潟大学 大学院のもと教授 安保徹 氏の体温を上げればすべての病気はなくなる

 という説に惚れ込み

 家庭で簡単に体温が上げられる方法を開発した

画期的な商品です

ご愛顧と健康作りでのご協力よろしくお願い致します

翌日でも体はとても温まり汗が出て代謝が上がっているのが分かります。

石鹸を使わなくても古い角質がとてもよく溶解し体が綺麗になります。使い始め、ご家族が大勢さんの場合はお湯は非常に汚れますが、1週間くらいでお湯が全く汚れなくなります。人間の体は3ヶ月で骨以外は入れ替わります(細胞分裂、新陳代謝)から、化学洗剤や石鹸では脂汚れしか取れず、本当の汚れである細胞の垢、古い角質などは取れていなかったのではないかと思います。使い始めはお風呂の汚れ具合で毎日お湯を取り替えれば済むと思います汚れなくなったら翌日でもお湯はとっても綺麗ですから何度でもお入りください

 リンスやコンデショナーはカチオン成分が基本機能です どんなものでもカチオンですから  安いもので十分です

 HOTtabのお湯で洗髪したばあい髪の毛のケラチンの表面は脂もミネラル汚れなどすべての汚れがとれ、全面マイナスイオンで帯電します。

 お水でさっと流して リンス(カチオン)で仕上げるだけの簡単なことです リンスならなんでも結構です。

リンスで仕上げますと

サラサラツヤツヤの綺麗なコートに仕上げてくれます。つるつるすべすべは表面のマイナスイオンがリンスのカチオンで中和されニュートラル状態になっている証拠です

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

東京工科大学で産学官近隣地域交流会があり3Dプリンターを見学

米国発のイノベーション技術 3Dプリンターを見た。

3次元の設計図面から、自動的に精巧な実物立体物を作り出す

図面に従い光硬化性樹脂を溶融しながらスキャン放出し

プラスチックを硬化させながら順次立体物を形成してゆく

なるほどという感じ

これなら、どんな複雑な立体物でも 精密に立体化して目のあたりにできる

部品加工の超迅速技術、噂の3Dプリンター

部品加工の一大革命を目のあたりにすることができた

それにしてもSEM やTEMという電子顕微鏡ですらずらりと並んでおり

修士やドクターコースの学生が活発に使っていた。

ここで髪の毛のキューテイクルの構造の電子顕微鏡写真を見て

髪の毛やお肌の研究を進める化粧品研究室があることを知った

また

バイオ研究室の設備でも

最先端の研究設備が勢ぞろいしている

さすが企業ですぐ使える研究者の卵を育てる学校

優良企業でも揃えられない超高価な機器が勢ぞろいしており、

壮観であった

素晴らしい研究設備である。これが24時間365日自由に使える研究環境がそろっている

この大学の応用生物学研究室に

化粧品学科があり

ここの教授がお肌や髪の毛、頭皮洗浄の専門であり

研究生のテーマをもって研究をすすめていた。

企業とも共同研究をしてくれることが分かり

この教授とお話し さっそく改めてご訪問

 研究をお願いすることにした

こんな身近な大学に 探し求めていた臨床 エビデンスを測定してくれる研究室と

先生がおられたのには、びっくりした

重炭酸イオンやクエン酸のお肌の角質の洗浄効果や

頭皮の毛根汚れの洗浄のメカニズムを匂い消しのメカなど

いろいろなことを明らかにしてエビデンスにして行かれそうです

この先生とも、お話ができた

会社から車で10分もない学校で重炭酸ぶろの研究ができたら素晴らしいこと

うれしい限りである

またスポーツ医学の研究室や

お風呂に入って健康つくりに励める

何か家庭で健康向上が測定でき時間できるような

センサーと測定器をある健康機器メーカーとも開発を進められそうな方ともお話ができた

本当に収穫いっぱいの1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

代謝について

昨日は基礎体温を測って自分の健康状態を知ろう

と書いた。目標は36.5度だ。

ただし基礎体温が高いが代謝が悪い方もあり

今日は代謝について考えてみたい。

代謝が悪いと低体温とは限らないが

代謝がよいということは細胞が活発で新陳代謝もよく 

血流もよいことということ

血行が良く冷えとはほぼ無関係

快眠快便肌のつやが良いという

食べても太らない

反対に代謝が悪いと

疲れやすく

不眠、風邪をひきやすい

冬はもちろん夏でも冷え易く手が冷たい(毛細血管の流れが悪い)

肌荒れが目立地、太りやすい

代謝がよい方は

年齢に関係なく

元気ではつらつイキイキしているということ

代謝とは食べて 細胞を再生入れ替えし

 内臓を動かし(基礎代謝) 歩く動くなどのエネルギーをだし

解毒し、排泄し

免疫し修復すること

エネルギー消費が活発なら体温が高く

結果的に免疫力が高いから

病気にならないということ

昨日書いた

体温1度低いと年間4kg太り3年で12kgこれが低体温のメタボである

体温が低いと汗もかかず 匂いや水虫も繁殖しやすい

そして低体温35度大だと

癌細胞ももっとも活発に分裂成長するという

やはり 夏だからこそ

HOT TABの入浴習慣をつけ

体温を目標の36.5度に戻し

汗のにおいも消してさっぱりしましょう

今朝も

起きてすぐ30分入浴した

追い炊きせず少しぬるいが

昨夜の残り湯でも十分汗が出て気持ちが良かった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康時の自分の体温を知っている?

風邪をひいたり 熱があるときは体温を測るが、普段の体温、すなわち基礎体温など測ったことがなかった。

元新潟大学の安保徹 教授の 

すべての病気は低体温から始まるを読んでから

常に体温計を持ち歩き体温を測っている

前が35.4度だったが今は36.8度もある

安保先生が言う目標体温 36.5度以上だ

安保先生いわく

低体温はすべての病気へ向かうはじめのゲートであり

低体温 低酸素、高血糖へ向かうことで病気が発症するという

しみや肌荒れ、メタボ、湿疹、アトピー、花粉症、便秘や下痢、肩こり、腰痛、鬱、糖尿病など

これは免疫学をもとにした安保理論であり 

体を温をあげることが病気を治す第一歩で

体温を36.5度以上にすれば容易に病気から脱し

健康生活を送れるという

ところが

具体的に体を温める簡単な方法がなかなかなかったのだという

特に血流を高めミトコンドリアを活性化し

基礎体温を恒常的に上げる方法は今までは皆無だった

今私が安保理論の目標体温に容易になれる重炭酸入浴剤を開発し

安保先生もこの体が温まるHot TABを応援してくれる間柄となった

私は安保理論に最初に触れたとき、絶叫するほどびっくりした

自律神経がすべてを支配しており、

ストレスや激務 人間関係などで、交感神経優位となると

低体温となり自律神経のバランスが崩れるという

自律神経がストレスで如何に壊れるか?安保先生から教わった

壊れた自律神経は

体を温めることでバランスが整えられ

体調を改善することも知った。

家庭でできる簡単な体温向上法は

ドイツ出張時に入った炭酸泉しかないとおもって Hottabを開発した。

ぬるめの湯だが

驚くほど体が温まり

肌もスベスベとなる

あのドイツの自然炭酸泉そっくりの効果だ

大分の長湯温泉以上の効果がある

ドイツの湯も 大分の湯も

PHを測定すると6.8程度

明らかに炭酸ガスではなく 重炭酸イオンが主体の湯である

大分長湯温泉も同じPHである

ここも重炭酸イオンが主体であり炭酸ガスではなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

基礎代謝

基礎代謝とは何もしなくても呼吸したり内臓を動かしたり血液を循環させ、体温を維持したり

最低限必要なエネルギーのことだが この基礎代謝のうち体温維持に必要なエネルギーは70%を占める

低体温がすべての病気の原因という免疫学の安保徹先生いわく 

体温が1度低いと基礎代謝として使用するエネルギーは12%低下するらしい

20代の女性の平均基礎代謝は1200kcal その70%が体温維持に使われるから 840kcal

体温1度で840×0.12=100.8kcal 体脂肪のエネルギー量は1gあたり9kcalだから

 100.8÷9=11.2g

体温一度低いと1日11.2g太ることになる(安保教授)から1年では4kg 太ることになる

昨日の女子体操選手権

 2種目優勝し 世界選手権の出場権も得た 16歳のある選手

才能は抜群 世界トップレベルだが 低体温で代謝が悪い 

だから体重コントロールが難しかったようで調子の波も大きく、

安定感にやや欠ける点があったそうだ

彼女はHotTabを使い出してから 絶好調

毎日これを離さないらしい

 家ではもちろんだが、遠征先にも欠かさず持ってゆ気お風呂に入るのだそうだ 

次期オリンピックが楽しみだ 

ぜひ女子総合1位 金メダルを取ってほしい

そうかなるほど

代謝が悪いと太る!! HotTabは入浴しながら 10kmもジョギングしたと同じくらい汗をかき、代謝をあげる

これこそ入浴ジョギング法だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »