« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月27日 (土)

毎日簡単入浴習慣でできる健康長寿国家の推進を目的に重炭酸泉協議会を立ち上げ

戦後国民の平均体温が1度も下がり、

免疫性が大きく低下、癌はもちろんだが、戦前なかった糖尿病や花粉症 アトピー、高血圧などいろいろな病気が多くなったのだといわれている

新潟大の安保教授は、病気の原因はたった2つ 低体温と低血流と言い切っており、その結果起こる低酸素が原因のようだ

体温が35度台を低体温症と位置づけ、平均体温が36度台なら健全な免疫性が発揮され健康に暮らせる健康体温としても位置付けておられる

免疫学や自律神経学の多くの先生は、体温を上げれば、いろいろな意味で、健康になれると言い切っており、体温が高いのは、毛細血管まで血流が良くながれ、酸素の取り込みが盛んに行われるため、生体恒常機能が高く活発な新陳代謝が行われ、免疫機能も正常に機能しているからだという

一方 低体温は特に女性に多く冷え症とも呼ばれ

戦後のストレス社会、薬漬け、エアコンなどが原因で血流が下がり、低酸素で低体温となっている

低血流は、自律神経、特に交感神経が高ぶり、血管を委縮させ、引き起こす

体温が下がると免疫性を司っている自律神経のバランスが崩れいろいろな病気の元となるようだが

反対に

体温を上げれば 免疫性が大幅に高まり、あらゆる病気を予防すると

いろいろな専門医が健康法として提案しているのだが

体温が35度台の方を36度台にあげるような

家庭でできる簡単な体温上昇法はなかなかなく、

言うは易く、行うは簡単なことではないようなのだ

遠赤外線 湯たんぽ など物理的な温熱法や

自律神経、特に、副交感神経を高めれば血流が上がり酸素の取り込みが高まり体温が上がるため、

ゆっくり呼吸法や瞑想 禅、特殊エクササイズなどの療法が提案されてきた

ただ皆、実行が難しくただし医指導者がいなければ、かえってストレスがたまるばかりで 体温改善までには、つながらないのが一般的らしいのだ

Zu01

このグラフは日本の医療費の実態である。

72歳以上が17兆円 72歳以下ゼロ歳までで17兆円 総額34兆円で毎年数兆円も伸びており後期高齢者の医療費が国家財政を圧迫している実態がよくわかるグラフでもある

昨日、麻生財務大臣が1年間病院に行かなかった方に10万円差し上げてもよい

というのは後期高齢者の平均医療費は72万円もあるのだそうだ

この医療費を削減したいと国家競争力会議でも、未病対策、未病医学やサプリなどを重要課題とした政策を検討している(3/26競争力会議)

重炭酸イオン入浴剤をつかって毎日家庭で簡単な少し長めの長湯習慣を身に付ければ

驚くほど体が温まり、平均体温がほぼ1度上がる、

私がいい例で

2年前は烏(カラス)の行水1,2分しか入浴しなかった

今は45分 重炭酸浴を朝晩している

2年前は35.7度程度だった体温が今は36.6度もあり、昼間でも体はポカポカし、69歳でもお肌はつるつるだし、重症だった花粉症も2年でほとんど症状はでなくなった。

自然炭酸泉以上にHot Tabで疲労回復が はかれ、いろいろな疾患にも良いのは昨年の雑誌”安心”の4月号の記事でも仙台の丸山医師ら多くの医師が述べて紹介されており

間違いないようだし、また実際にも弊社に

いろいろな症状緩和や、病気予防で効果があったお客様からたくさんの礼状や実例が集まっている、

先日の協議会でも体験発表があったように

リンパ浮腫出足を切る宣告を受けたがお医者様からひょっとしたら効くかもしれないから試してみたらとHot Tabを薦められ、試してみたら翌日から血の気が戻り足を切らずに済んだ方や 同じく動脈瘤で、切断宣告され、同じように医師から一度使ってみたらと進められ、この方も切らずに済んでお礼状をよこしてくれた方など 

血流が滞ると多くの病気の原因になるようだが 我々医者ではなく

あくまでも入浴剤 温浴効果以外にはどんな病気であっても、いいとも悪いとも言ってはならないのだ、

しかしドイツでは健康保険も使える医学療泉泉として認められ多くの国民が治療泉として浸かっている

っこから言われている炭酸泉の一般的な効能は計り知れない、

オリンピック選手村でも使われ トップアスリートもびっくりするくらい体が休まり本番に強くなると絶賛されているが、

重炭酸イオン泉 Hot Tabの効果はこのままでは健康効果としては言えないのだ

そこで医学的にもこの効果を臨床データとして立証し、エビデンスをしっかり取って 厚生労働省にも申請し 医学界 未病学会などとも連携して 臨床データを家庭入浴健康温泉として健康長寿社会の実現に貢献できるような形で確立し

公的にも認めてもらえるよう政策運動にまで持ち上げ

国家事業として推進できるようしなければならないと言うのが私の考え方だが

今回の協議会立ち上げ趣旨説明で この考えを述べた

国民的な健康入浴習慣を推進したいそのために

この協議会を運動母体として設立し 身を粉にして働き進めて国家の財政削減に寄与したい

お力をお貸し下さいと、

まずは重炭酸入浴剤業界団体を作り、この母体をとおして臨床医療の医学団体 未病学会、自律神経への効果と選手寿命などアンチエージングを扱うスポーツ医学研究団体が連携して エビデンスの確立と 未病対策を真剣に推進する団体となれるよう、進めてゆきたい

未病学会とまずは連携して運動を進めたい、そのための第一歩、重炭酸協議会を発足させていただいた。

まずは医療臨床データ確立に最大の力を注ぎ 会員の企業が使えるエビデンスを確保する

簡単な家庭で長湯入浴習慣を推進し

国民を薬漬けから救い 健康長寿社会の実現を推進したいと願っている

そして具体的には医療費数兆円の大幅削減を達成し、協議会設立の成果としたいという

考えを示し 設立趣旨としてご説明した。

八王子という距離のハンディ に加え

会費2万円という費用のハンディもあり数社が来てくれればと思ったが

32社も集まっていただき 発足式を行うことができた、大変感謝している

ありがとうございました。

これからは

さらに大手の健康関連企業にも呼びかけ、参加をしていただき国家事業にまで高められればと願っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

正しすぎることは人を傷つける

今朝教会への朝参り

どんなに痛い目にあっても、

人を思いやらなくてはいけない 人も自分も、みな人なのだ

やっとどんな仕打ちを受けても 仕返しして引けない

たとえ小便かけられても黙っているお前の顔は髪が拭いてやるという

神様の気持ちが少し理解できた

今朝いただいたお言葉は

・・・・・・・・・・

正しいことを言うときには

控えめに言わなければならない

つい強く言ったり、相手を責めてしまうから

正しすぎることは時に相手を傷つける

思いやりの心と祈る心を伝えれば

不思議と思いは伝わるもの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういうお言葉をいただいた

小便かけられても黙って我慢などできるはずがないと思うし

そんなことができるものかと思ったが

今朝の言葉は染み透った。

悪だけは許せないと、受けた仕打ちや損害に

つい我慢がならず

相手を傷つけてしまっていたと

反省している

今日限りすべてを水に流そう、もちろん相手が許すはずがないが

それはそれ、相手の立ち行きを願ってゆくだけだ

正しすぎるという言葉がある事さえ知らなかった

なるほど、過ぎるのか?そういえば思い当たる節がいっぱいある

思い返すとたくさんの方をこの正しすぎる 正義感で、

傷つけてきたかもしれない

すべて、許されるものではないが、謝罪し、

修復したい

こういうことがなければ人間には分からないものだ

神様からまた教えられた

深く反省したい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

Hot」Tabの重炭酸イオンによる頭皮クレンジング効果

    Photo  シャンプーだけで洗った頭皮 

                         毛穴が詰まって決してきれいにはなりません   

  Photo_2  Hot Tabを溶解したお湯で洗浄した頭皮

                       重炭酸イオンで毛穴ポケットがすぐ開きます

                      そしてきれいにクレンジングされクリン化します

、、、、

これはある美容院さんからのデータ写真です

活性 重炭酸イオンのHot Tabを使った頭皮クレンジングサービスをしている美容院さんですが

すごい洗浄効果だと絶賛してくれています。

 普通のシャンプーと比較して頭皮の写真を撮って送ってくれますが

HOT Tabを使わない 普通のシャンプでは シリコンや脂で頭皮の毛孔はべたっと汚れがついたまま 平らに埋まったままどんなにこすってもきれいにはなりませんが

Hot Tabを使った頭皮クレンジングだと たいして こすらなくても

毛穴ポケット(毛根の周り)は穴が開いたようにきれいにクリーンになってしまいます

重炭酸イオンの洗浄力はすごいと絶賛してくれます

、、

重炭酸イオンで洗うと自然に毛穴が開いてしまい掃除されてしまうのだそうです

本当に不思議だと お客さんに写真を見せながらサービスするのだそうですが

家でもやってみようということでみなさん

Hot Tabを購入してくれるそうです。

やはり こういう説明をしながら

ご商売されるお店は 店販も好調で、お客様との信頼関係があり

繁盛する。

、 

お客様の本当の気持ちがよさを実現してあげなければ意味がない

お客様が本当にきれいになったという実感が得られなければ 

そのサービスは長続きしないだろう、

今の美容業界が2,3年で消えてしまう流行を追うため

業界衰退を加速していることに気が付かなければならない

本物を使って 本物のサービスをマイクロスコープまで使って写真を見せ

丁寧にされているこういった業者さんに敬意を表する

これは元資生堂のスーパーマイルドシャンプーを開発した富田健一氏の説明ですが

ミネラル汚れが毛根の毛の表面につき、(毛髪がミネラルの排出器官のためそのミネラルに脂や整髪剤のシリコンが付くとどんな化学洗剤でも落ちなった汚れとなり、この脂が腐りやすく臭いのもとになるのだが、

どんなに何度もシャンプーしてもこのミネラル汚れだけは、絶対に取れなかったそうで

洗っても洗っても、すぐ臭いが出てしまうのも、このミネラルについた脂が原因だったのだそうです)

2度と落ちなかった毛根に埋まったミネラル汚れは、毛根だけでなく 目には見えないがお肌にもすべて毛根 毛穴があり、ここにはみな取れない汚れがあるのです

これらお肌も髪の毛のミネラル汚れが活性重炭酸イオンでさっと取れるのだそうです>

このミネラッル汚れクレンジング、世界で初めてHot Tabが実現した効果なのだそうです

(富田氏)

毛根だけでなく髪の毛の表面も息を吹き返したようにきれいになり、

お湯ですすいで、カチオン系のリンスで処理するだけで、

髪はさらさら つやつやになり

イキイキとしてくるのだそうです

Hot tabは天然の素晴らしい シャンプーでもあるのです

そして炭酸博士の平石先生は

重炭酸イオンはお肌の表面の角質化した古いたんぱく質成分だけに吸着し 

はがれやすくしているそうで

[これも人間3カ月で骨以外はすべて入れ替わる細胞分裂によって日々進化しているのだそうですが

内側の真皮から表皮まで、7層の皮膚が毎日下から順番に古くなって浮き上がり垢となって表面から取り除かれるのが仕組みなのだそうですが)

この古くなった表層の角質をHot tabに入浴するだけで 重炭酸イオンがさっと溶かしてきれいにしてくれます

髪の毛にもお肌にもやさしい自然洗剤で、その洗浄力は 入浴したりシャンプーに使うだけで

化学洗剤など一切いらず きれいになるのが重炭酸イオンの洗浄力なのです

お肌にも頭皮にもも髪の毛にも そして体温あげて健康にも

3拍子揃った自然の入浴洗剤効果です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏こそ 重炭酸全身エステで乗り切ろう トップアスリートも絶賛

戦うことで常に緊張し続けるアスリートのストレスは高く、

戦闘モードでは血管が収縮し血流を止め、酸素不要の解糖系主体でエネルギーを作り出すため、低体温になるのが特徴。

トップアスリートのなん人かが使用してその効果を絶賛してくれている

http://www.topathlete.co.jp/blog/blog01/

戦後国民の平均体温が1度も下がり、アレルギーや糖尿病など戦前無かった病気にかかる方が多いのもこのストレスからくる低体温が原因だとも言われており、

そしてこの低体温、低血流に“自律神経”が大きく影響しているのです。

自律神経とは、簡単に言うと内臓の働きやホルモンの分泌などを調整している神経のこと。

“ところが、このバランスが崩れてしまうと身体の調整がうまくできなくなり、様々な不調が表れてくるようになります。その症状の一つが、低体温。
「日中は身体を活動しやすくして、夜は身体を休める」

という体内リズムが乱れてしまい、常に体温が低いまま戦うモードになってしまう状態です。
結果的に、本来は36.5度以上であるべき体温が、
35

度台にまで低下してしまうというわけです。

自律神経の乱れは低体温の元!

上述の通り、自律神経の働きと“低体温”には密接な関係があります。

でも、交感神経だけが高ぶったままだと血液の流れが悪くなり低体温になるのです。

逆に副交感神経が高められると、血管は拡張し血流が上がり体温も高くなります

HOT tabで入浴し 体温が高められれば副交感神経が高められ

自律神経が 安定化することにもなるのだそうです

ところで重炭酸泉というのは炭酸が全盛の時代に

聞きなれない言葉でしょうが?

体温あげる 自律神経向上効果と同じようにびっくりするエステのような効果があるのがこの重炭酸イオンです

重炭酸イオンというだけでは説明できないような不思議な効果があるのがこのHOT tabで生み出される 活性重炭酸イオンです

重炭酸イオンということだけなら、

重曹とクエン酸の粉を混ぜて水に溶かしただけでも重炭酸イオンにはなりますが、これでは重炭酸イオンとナトリウムイオンが対イオンとなってマイナスイオンを封鎖してしまっており、フリーの活性重炭酸イオンにはなりません。

硬度の高い錠剤中で発生したミクロの炭酸ガス泡が、中性でイオン化し、重炭酸イオンと水素イオンに自己解離するからこそ フリーの活性イオンが発生し

さまざまな効果を発揮します

Hot Tabのこのフリーの活性重炭酸イオンは、

お肌や髪の毛のケラチンの表面の保湿成分である脂を取らずに脂汚れとミネラル汚れだけを取るという、離れ業を発揮し お風呂上りでも 何もつけなくても保湿されており、しっとり状態が続くのです

どういう効果なのでしょうか?

これをエステ効果と呼んでいますが重炭酸イオンはHOT TABが発見した

世界初のスーパー洗浄効果で、対してこすらなくても、お肌の見えない毛穴が開き、毛根の周辺はきれいに深い穴が開きます。

写真参考、

活性重炭酸イオンは皮膚表面のわずかでも角質化した古いたんぱく質に吸着し

  はがしてくれ、しかも脂は取らず 脂汚れとミネラル汚れをきれいにとりさり、みずみずしいお肌にしてくれています、この効果は今まで炭酸イオンによるものだといわれてきましたが これこそ 活性重炭酸イオンの洗浄効果なのです

体や髪の毛の臭いは すべてどんな化学洗剤シャンプーでも取れなかった

ケラチンにミネラルが付いてそのミネラルに脂がついた汚れです

加齢臭まできれいに取ってくれるのは画期的なことです

加齢臭も気になる体や髪の毛の臭はすべてミネラル汚れについた脂の腐敗、この汚れが世界で初めて洗浄されきれいにクリーン化してくれるのです

この効果は今までどんなシャンプーや化学洗剤でもできなかった作用であり

自然炭酸泉以上の温浴効果と併せ、全身エステのような癒しで、体も髪の毛も心まで

自律神経調整も発揮される夢のエステ入浴剤となるはずです。

そして この 重炭酸泉入浴の良い点は夏こそ素晴らしい力を発揮します

なぜなら低温ほど 炭酸泉や重炭酸泉は大きな効果があるからです

一般の方も同じですが アスリートこそ 夏の暑さでの疲れや汗があります

夏の日差しで お肌も髪の毛もダメージが大きいのです

それこそ毎日お風呂でエステケアしなければなりません

夏のアスリートには最高の疲れ取りとなり 暑苦しくてもぐっすり眠れます

暑さでやれらるお肌や髪の毛のケアができます

夏が最高という理由はさらにあります

低温で 冷戦が楽しめるのです

有名な自然炭酸泉は、ドイツのバーデン・ハイムは31度です 大分の長湯は35度程度です むしろ冬は加温して入っていますが 加温すると炭酸が飛んでしまうので炭酸より 重炭酸がいいのです

そういうわけで、低温で1時間程度入るのが普通の炭酸泉入浴法なのです。

長湯温泉という名前もここからきているのですが、

夏は家庭で、35,6度で HOT Tabを使い冷泉を楽しんでください

冷房冷えも解消します

 33から35度程度の冷泉浴で全身エステのような入浴ができのが

夏の乗り切り方です

これから 暑さ本番

練習の疲れ取りや、日差しで傷んだお肌や髪の毛、さらには、汗からくる気になる臭いにも大きな効果を発揮してくれます

夏こそ HOT tab入浴をお勧めしてゆきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

Hot Tab の効果効能 YouTube 動画です

http://www.youtube.com/watch?v=EIiXFg6af5E

 

日本最速ライダー

 秋吉耕祐選手が Hot Tabを絶賛

  鈴鹿サーキット耐久8時間レース2連覇で

   復活3連覇を狙う話題の選手

   大事なのは筋肉ではなく自律神経のバランス

 

本番に力を発揮するためのメンタルトレーニング法と重炭酸イオン泉への入浴の重要性

 

昨年のロンドンオリンピックの選手村に炭酸泉が持ち込まれ選手の疲労回復やメンタルトレーニングに使われ37個のメダルラッシュに大きく貢献したという記事が話題になりました。

 

 

 

アスリートは緊張した試合続きでストレスが高く、常に血管が委縮しアドレナリンが飛びだす交感神経が高いまま過ごしがちですが、炭酸泉に入浴することで、毛細血管まで拡張し、血流が高められ、リラックスの神経、副交感神経が高まり、交感神経とのバランスが整えられ自律神経機能が高まると言われております。

 

自律神経の安定化は本番での無意識の力が発揮されるような、メンタル面での強さとなって現れるから、本番に強くなるためには、筋肉トレーニングだけではなく、この自律神経機能の強化が重要になるといわれ、アスリートのトレーニングにも盛んに応用されるようになりました。

 

人間が意識しなくても、無意識にすべての機能を司るのが自律神経ですが、

 

緊張し血管を委縮させ血流を止めて闘う場合の神経‘( 交感神経)と リラックスし 血管を広めて血流を高め、気持ちを安らげ、眠ったり食事をしたりする(副交感神経)の両方の機能がバランスよく高いレベルで調整され、無意識に高い力を発揮することが、トップアスリートの重要な条件だとも言われております。

 

 

 

自律神経は無意識の神経であり調整が難しく、呼吸法や禅の修行などで高めることが出来ますが、高度な訓練が必要であり、誰でもできるものではありません、アスリートが日常的にできる簡単な方法で自律神経機能を強化できる唯一の方法として開発したのが、順天堂スポーツ医学研究室の小林弘幸教授と医学博士 末武信宏氏が共同で開発した セルエクササイズだと言われています。

 

このセルエクササイズは理論だけでなく、多くのトップアスリートのトレーニング法として採用され実績も上げてきました。

 

 

 

最近 この順天堂大学のスポーツ医学研究室が注目しこのセルエクササイズ同様、家庭や遠征先で簡単にできる自律神経訓練法として臨床実験をしながら開発しているのが

 

重炭酸泉イオン入浴剤HOT TABです。

 

勿論 セルエクササイズと組み合わせることで最大の効果を発揮するはずですが、

入浴だけでもかなりの自律神経調整効果がありそうなため期待をしているところです。

 

最近、新しく開発された重炭酸泉入浴剤は、従来の炭酸ガスボンベを使った、人工炭酸泉や市販の入浴剤とは全く違う理論で開発されたもので、本場ドイツの自然炭酸泉 バード・ナウ。ハイムや大分の長湯温泉に比べても遜色ないくらい高い温浴効果が得られるというデータが出ており、驚く程体温が上がり、リラックスでき、疲労回復効果があるため、自律神経機能向上面での効果を大いに期待しているところであります。

 

また実際にも、

 

この入浴剤をセルエクササイズと併せて使ったトップアスリート達から注目を集めていますが、中でも実際のトレーニングや遠征で重炭酸入浴剤 Hot Tabを使って活躍している鈴鹿サーキット2連覇の秋吉耕祐選手は その驚く程の疲労回復効果や自律神経安定化による効果を実感し、想像以上のメンタル面での実効がありそうだと絶賛していますので この重炭酸入浴法による自律神経機能向上についてこれから少しづつご紹介しようとおもいます

以上は、末武先生の言葉です

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »