« 2012年2月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

対談  重炭酸泉タブレットの発明

ある有名タレントのAさん(美人タレントさん)と雑誌対談をした。

発売前なのでさわりだけ紹介する

 

Aさん

 こちらの炭酸泉タブレットは、市販されている従来の入浴剤と大きく異なるのだそうですね。

小星 Aさんは炭酸泉入浴剤って使ったことあるんですか?

 

Aさん ありますよ、もちろん

何とかバブってやつでしたかね。ぶくぶく泡が出る大きな錠剤ですよ

小星 そうですね、今までの入浴剤は炭酸ガスがブクブク沢山出てさっと終わりというのが多いんですが 炭酸ガスがたくさん出ればいいというものじゃないんですよ。

 

 

 

Aさん え!!炭酸ガスが身体にいいって聞きましたけど。ちがうんですか?

小星 3年前ですが

 炭酸ガスが沢山出ても今までのほとんどの入浴剤のようにペーハーが酸性では何の効果もないということを発見したんですよ。

今まで言われてきた、炭酸ガスが直接皮膚から体にけい皮吸収されるっていうのは、あれは嘘だと思うんです

それが証拠に高濃度の炭酸ガスの中に体をおいても何も起きないですから

 

Aさん エッツ 本当ですか?

小星 ええ、実は体に吸収されるのは、炭酸ガスではなく、

 重炭酸イオンだというのが私の炭酸理論なんです

 

なぜなら

血液や体液のペーハーは7.3ですからこのペーハーでは炭酸イオンは必ず重炭酸イオンに変化して存在するはずなんです。これは化学者ならだれでも知っている常識なんですが、なぜか炭酸ガスが直接けい皮吸収するという説が常識となり、みな血液のペーハーを忘れていて、炭酸ガスさえたくさん出ればよいという風になってしまったんでしょう。

2009年に炭酸泉の開発を始めた私はこの学説をひっくり返したんです

炭酸泉入浴剤は、酸性ではなく中性で設計しなければだめだと、

中性でも炭酸ガスを発泡させるように硬度を高めて、発生した炭酸ガスをすぐ  重炭酸イオンに変えれれるぺーハーに設計すれば良い入浴剤ができるはずだと、そう発表したんです。

 

Aさん

 でも自然炭酸泉は弱酸性で、だから肌や髪の毛にもいいってよく言いますよね 何かにもかいてありましたし?あれはうそなんですか?

小星 そうですね、炭酸ガスを水に溶かすと弱酸性になるんですが、これは

私の推測による仮説ですが、弱酸性といっても力価が全くない弱酸性で、溶解した炭酸ガスが肌について毛穴から体に入るとすぐ体液に触れ、この体液で簡単に中和されて重炭酸イオンに変わってしまうようなペーハーなんです、その中和された重炭酸イオンが血管に吸収され血液中に溶解するんではないかと

、そう思うんです。

もし今までの入浴剤の様に本当に力価のある酸性にしてしまったらいくら大量の炭酸ガスが肌についても体液で中和されることはなく、決してけい皮吸収されませんから、体も暖まらないはずなんですよ。

 

Aさん 血液のペーハーとおなじペーハーの入浴剤が身体にいいんですか

ヘーよくわからないんですが

特許があると聞いたんですが、

今までのものと全く違うんですか?

特許って難しいでしょう。

小星  私どもが提供する炭酸泉入浴剤「スパークリングホットタブ」は、

お湯にいれると錠剤の中だけ酸性となって激しく中和反応を起こしますが、ミクロの細かい泡を長時間じっくり発生させながらお湯に溶け切るとペーハーは中性になってしまうよう設計されています、発生した炭酸ガスが高濃度に重炭酸イオンに変わってとけだし肌から血管に容易に吸収されるんです

さらにクエン酸が使われていることもミソなんです

クエン酸はお肌や髪の毛の組織を柔らかく膨潤させ、肌に重炭酸イオンが浸透するのを助けるんで、ここにマグネシウムやカルシウムのようなアルカリ金属があると組織が柔らかくできないんです

組織との親和性をクエン酸が十分高めて、けい皮吸収効率を上げ、血流を早め、細胞まで活性化させ 生き生きと艶やハリを与えてくれるという素晴らしい効果が生み出せます。

何十トンという高圧で錠剤を圧縮して成型しないとこの効果は出せません、

 

超高硬度の錠剤によって自然炭酸泉と同じような効果を発揮するんですが、炭酸ガスと重炭酸イオとクエン酸の3つが必須の成分なんです、この3つの成分が不思議な神秘的な入浴効果を出します。

 

Aさん 体だけではなく肌や髪の毛にも、すごくいいって聞いたのですが、本当ですか?

小星 クエン酸と重炭酸イオンを組み合わせて超高硬度の錠剤にして自然炭酸泉と同じような療養泉の効果を出します。これが私の全く新しい重炭酸泉なんですが、健康だけでなく お肌や髪の毛にもびっくりするようなツヤやハリを与え、生き生きと若返らせてくれます。

自然炭酸泉は、ヨーロッパには2000ヶ所ほどもありますが、日本には大分県の長湯温泉、長野県の稲子湯温泉、山形県の泡の湯温泉のたった3ヶ所しか存在しないんですよ

Aさん

 日本に3ヶ所しかないとなると、自然炭酸泉は、なかなか気軽に利用はできませんね。

 

小星 ですので、家庭で手軽な炭酸泉入浴で美容や健康に良い効果を楽しめるし

 

例えばアスリートも今年のオリンピック選手村にはこの炭酸泉を持ち込んでメダルラッシュの成果を出したと言われていますが

普通はプロのアスリートは高圧ガスボンベから炭酸ガスをお湯に溶解させる小型プールのような施設を持つ、高級スポーツジムなどで、身体のケアを行っているのですよ。

最近はこのスパークリングHOT Tabに替える方が増え 治療院や臨床医さんもガスボンベの炭酸泉プールから HOT Tabに切り替えてくれているほどなんですよ

 

Aさん へーお医者さんがつかっているんですか?

小星自律神経を整えるのにとても良いんだそうです

炭酸ガスだけの自然炭酸泉がなぜよいかも知ったうえで

設計されている本物だけが持つ良さだということです

(続きは、雑誌で)

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

仙台の丸山アレルギークリニックと 炭酸泉タブレット HOT Tab

炭酸泉 タブレット HOT Tabでアトピーや花粉症の方の症状が

劇的に改善し

沢山の礼状が寄せられていますが

残念なことにHOT Tabは医薬部外品ではなく 化粧料のため

どんなに医学的な効果があっても、この医学的な治療効果を訴求して

販売することも宣伝することも禁止されているのです。

そのため今、医薬部外品での製造販売認可承認にむけ活動しているのですが

昨日

仙台の 丸山アレルギークリニックの、丸山修寛医学博士を訪ねました。

雑誌”安心”などの記事などで

私の炭酸泉タブレットの臨床試験をして発表してくれている方ですが

先生はあらゆる角度からアレルギー患者の臨床を通じ

国民の健康を根本的に解決したいと願って

多方面で活躍され

、全国から難病の方がたくさん訪れ 

毎日ものすごい忙しくされている病院です。

特に力を入れているのが電磁波障害

日本の家庭の電気配線が欧米の200Vですべてアースをとらなければ

いけないため危険は 大幅に少ないのですが

日本は、100Vのため、そういう規制がなく

アースがまったくとられていないため これが原因でコンセント周辺からでる

電磁波がものすごく大きく、健康に影響するはずだという学説をかかげ

いろいろな治療を試み臨床確認しデーター化している方でもあります

アトピーや喘息など戦後急増ているのも この電磁波障害であり

体温を下げ、血流を下げ、低酸素になり、免疫性が低下する原因にもなっているのだそうです

その結果、アレルギーを起こすのだそうですが

先生は HOT Taの効果も高く評価してくれており

毎日ご自身もこれを愛用し ご自分の開発した コンセントに張る予防器具

やペンダントもご自分でも使いながら結果を確認しながら

ご自身で実感したうえで患者さんにも使っていただき、

症状改善を臨床で立証されておられます

その思想は 金儲けではなく、人儲けです、とおっしゃっておられ

 人が助かり、人が健康になり 人を通じて、人や国が富めばよい

人が儲かることが大事” という点で 私の理想にも非常に近い気がして

親近感を持ちました。

 

アトピーなどのアレルギーだけでなく、コンセントに予防器具を張るだけで

脳の血流まであがり 子供たちの創造性開発まで高められ

特に前頭葉の血流増進によって

子供たちの記憶力だけでなく創造力や問題解決力まで向上

 成績はぐんと上がってしまう、とのことで 多くの父母と子供の

 証言データを見せられ びっくりしました。。

血流を上げる炭酸泉タブレット HOT Tabも シャワーで頭にかぶれば

日本の子供の創造性まで上げられることに貢献できるかもしれず

何より血流向上は認知症まで改善できる可能性があり、悲惨な介護家族を救え

ものすごいこととなります

ピンピンころりを実現したいという先生の願いは

私と全く同じ考えでした、そんな素晴らしい丸山先生と

これからいろいろ進めらるのであればうれしいかぎりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

今日からこのブログを再開することにした。

ほぼ1年近くやすんだかもしれない

多くの方に心配かけた

謝りたい

NET時代はそれぞれ勝手に勝手な意見が飛び交い

結構影響力もあり 少し嫌気がさして、

やめていた

長々休んでしまったが

最近こちらの好意に、恩をあだで返すような

考えられない 目にあい

弁護士からは 人を信用しすぎる 

他人はみな泥棒と思って

対応するのが仕事といわれ、

本当にそうだなと実感した。

そういう前提でいなければ、契約書は意味がないことを知った。

好意や善意での契約書はないに等しい。

しかしながら人としてありえない背信行為に、許せないこともあって、

やはり 書くべきことはしっかり書いて

伝えてゆこうと 思い直し 

ブログを再開することにした。

なぜなら

書くのも自由だが 影響される、影響されないのも、

相手の選択だから

今日はジャイアンツが3連勝し

 スポーツ紙 みな、お祝い一色 日本の景気はやはり巨人が勝たなければ浮上しない 

 こんなにうれしい朝はない

 3連敗した時は 暗い気持ちにさせられたが やはりやってくれた

一気に 日本シリーズ制覇と行きたいものだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年11月 »