« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

中国の物まね 技術

 中国で出たipadの物まね品 

ipedというらしい

この商品 いきなり出てきたのではない、ipadより先に中国で発売されていた一連の物マネ商品である

ipad 物まね品  「山寨アイパッド」は 広東省 深センで 数社から 商品化され 出回り始めた。

ipadが 米国で事前予約数が12万台に達したという点がインセンティブとなり、さらに多くの企業が「山寨アイパッド」の製造に乗り出した。

  出回り始めたばかりのころの「山寨アイパッド」は外見こそアイパッドに酷似していたが、中味は ノートパソコンを流用しただけだったため、言わば「変形型ノートパソコン」だった。  その後 2ヶ月

 現在販売されている「山寨アイパッド」はGoogleが提供する 無料OS 「Android(アンドロイド)」を搭載している。

特に「ipedとネーミングの「山寨アイパッド」は、ipadと外見が酷似しているばかりか、内容も変わらないと言う

パクリ技術の高さには驚かされるばかりだ。

 当初約2万6000円ほどだったが 多くの中国企業の参入によって値崩れし、現在では800元(約1万円)前後で売られているらしい。

しかし中国のモノまねは凄いものがある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

最終回 ホームラン

今日はソフトボールリーグ戦 前期 第4試合 朝6時集合

若手の参加が少なく レフトで6番 久しぶりのスタメン出場。

今日は ゆるゆるグリップを試行、

力を抜いてバットをゆったりと握る スタンスを狭め素直に振り抜くだけ

初回 満塁で ライト前ヒット  

2打席目は ショートライナ- いい当たりだったが正面

監督からいいい当たりだったねと言われるがヒットでなければ。。。 

そして 

最終回 軽く振ったが ボールはライナーで伸びてゆき 

レフトオーバー 

結果はホームランに 

ここ数年ホームランなどなかった。

久しぶり 66歳のホームラは自分でも嬉しかった。

ゆるゆるグリップはなかなか良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

ipad が発売

ipadが発売された。

昨日は 東京ビックサイトで 新築 リホーム、家造り 関連の展示会があり、

私も 説明員で参加していた。

業者向けのサービスで、建て主さんに、物件が完成後 お祝いとして差し上げる、豪華なアルバム「BOOKとDVD データアルバム」を デザインまで 全て任せて戴き 作製すると言うシステムだ。

今まで 完成後のきれいな写真しかなかったが、

このシステムでは 地鎮祭から工事中の全ての写真を豪華なアルバムにして 完成祝いに差し上げる 

工事を見える形の写真でアルバムとして 工事の信頼を纏めて お届けしましょう という ”家みえーるアルバム”というもので これを展示した。

業者の多くが それはいい と大i好評であった。

但し写真をどうやって撮るか?集めるかが課題のようである。

それはそれとして、

会場はipadの話題で持ちきり、

ibadでメモリーに大量の写真を内蔵し 大きな画面で写真が楽しめる

DVDなんか要らない?

でも ビジネス含め

およそ800グラムのipadを持ち歩くより やはり携帯をもって歩いた方がよいだろうが

それでも殆どの方は持つだろうな。。。買うだろう値段も安い

4-から6万円台なら 買えない値段ではない。

キーボードがないと 楽しめるのはゲームやコンテンツ 程度かもしれないが?

購買意欲はそう言う事とは関係ない

とにかく持っている事が楽しい うらやましがられる 自己顕示欲を満足する

そう言えば

ipodもそうだったな。。。白いイヤホンコードで持ってる

黒いコードはまだ 持ってない。。。だったかな。

白で勝ったのは彼が初めてだろう。

ジョブスの戦略はやはり凄い。

彼は天才だ、見事なものだ。

しかし 皆自分だけのモノだ

家族の事をは考えていない。。やはりBOOKやホットアルバムのようなDVDアルバムなどは

家族の為に作るモノだから 何時までも ニーズはつきないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

中国とデザイン

日本のデザインは 海外で人気がある

アニメもファッションも世界に通用する

中国の上海で活躍する私の友人に

日本のデザインを中国に売り込む方法が無いか?

と聞いてみた。

しかし否定的だ

中国のデザインは 

マネできるから だめだという

日本にけして負けないと言う自負もある

それが北京オリンピックだったらしいのだが

何より マネ出来るものは 

売る為に時間をかけても意味が無いという。

日本のモノで 中国人がマネ出来無いもの。

そして

中国に無いもので

中国の急速な発展の役に 立つモノなら

何でも有効だ マネ出来ないモノは素晴らしいという

日本からみたら

中国の安い生産力を使って日本の役に立つものがあれば

それが 今最も大事なモノだという。

ipadだって ipedとして発売する

値段は仰天1万円程度らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

ipad 発売開始

ブログの更新 久しぶりです。

ご無沙汰をお詫びします。

ツイッターを始めています、こちらでのお付き合いもしたいと思います。

ツイッターに孫さんからipad 発売の挨拶が入りました。

こちらからipadは 写真はどうなるの?と聞いてみました。孫さんは必ずRT「リツイート)する

方と聞いています。

でも、答えは NETで保管するのさ!!、にきまってはいますがね。

でも 携帯でとって ipad NET保管して それで 本人以外の家族は誰も見れない

それでいいの? それなら いっそ写真なんか保管しないほうがいいかもね。

実は

国民の60%は レガシ-なDVDアルバムを作って 家族でTVで見たいはずだとおもうよ。

主婦やシニアを置き去りにして 儲かればいい、一人勝ちできればいいって、

企業は思っているだろうが ipadだって10年後は もっととんでもない進化をする

みんな どこに行くのだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

企業の志魂(こころ)

昨日ある方とサポートについてお話した、毎日、如何に多くの電話問い合わせがあり、

そのほとんどがパソコンスキルが低い方からで、時間もかかるが、終わると喜ばれるというお話をしていた。

デジカメはどんどん進化し 使い方もわからず 楽しみ方も説明せず売りまくる、そしてパソコンでの楽しみ方については サポートはしない、誰でも使える使いやすい初心者向けアルバムソフトなどは同梱しない。

同梱されているソフトはたいていは スキルが無ければ使えないものばかりというのが、スキル弱者の意見である。

そんな中でお客様は必死にHOTALBUMを探し当て これなら使えると喜んでいるのだが

それでも パソコンの知識が皆無では なんともならずサポートを求めてくる。

こういう方々の写真を楽しむ、助けになり 感謝され、お役に立っているというお話をした。

その方から、企業は みな如何にこのサポートにお金がかからないよう工夫し 

スキルが低い人を顧客にしないよう これを切って行く工夫をするのが普通なのだそう

だ。

そういうスキルが低い人を相手にしている企業は伸びないというお話をされた。

本当にそうだろうか?

この方々が使い易いのが特徴のHOTALBUMなのだから この方々を支援してゆくのが大

切な役目であり、企業の志魂であると改めて思わされた。

スキル弱者で写真好きの方は 膨大な数である。

そしてパソコンなどほとんど使えないのに 立派なパソコンを持っている

この方々のコンソルジェ、サポートが膨大なビジネスになるはずなのだ。

サポートはお金にならない こういうスキル弱者は捨てるに限るという大企業の道ではなく

こういう方々がちゃんと写真を楽しめるようにするのが企業の社会的な役割であろうから

お客様のためになり、かつお金になるサポートツールを開発し ビジネスにして ゆくのが

 お客様も企業も Win-Winになる道であり 企業として目指す方向ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

感謝が大事

連休が終わってきょうから 仕事 

しかし 連休中も 会社の電話を携帯に転送しておいたのであまり実感がない。

休日こそアルバム整理の絶好の機会だから 困って電話してくる方が居るかもとの

サポートのためだったが、

連休中とわかっていても、困った方は ひょっとしたら居るかも?と電話を架けて来る

3日とか5日とか明らかに休日でも電話はかなりなる。

殆どがパソコン初心者の方だ。

休日にアルバム整理を始めたが にっちもさっちもいかなくなり電話を架けてくる

電話で相手の画面を予想しながら アンインストールの方法や メールでの写真の送り方など伝えるのはむずかしい

本当にパソコンを使えない方がホットアルバムのお客様には多い

スキルが無くても 写真は楽しみたいのが人情だ 

デジタル企業は皆こういうお客様を置き去りにしている 

機能ばかり開発し 売れればいいや、開発競争

だから シニアの方はいつも 置き去りだ

パソコンスキルが低い方デモ使えるようにと ホットアルバムがアル

その為に我々が居るのだから 

感謝の気持ちでサポートをしなければならない

パソコン初心者だからこそサポートが重要なのだが

ついついパソコンのイロハくらいは 

ご自分のメールソフトくらいは 

 もっと覚えておいてよと言いたくなる

しかし そんな心では サポートは出来ない

お客様への感謝が大事だと心に言い聞かせても 

これがなかなか むずかしい 

此処はパソコン教室ではないよ。。。と心でおもってしまう。

沢山の方から電話があったが 充分答えられたかどうか分からない。

大いに反省の連休であった

これからもサポートにはちからを入れたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »