« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

厳しく優しい上司がいなくなった。

人間の社会では、仲良きことがもっとも大切な事。

仲がよいと言う事にどれだけ努力しても、し過ぎると言う事は無いという。

昔、入社したての新人のころ、

周りは上司ばかり、その上司から叱られ、1週間も口を聴いてくれないと

,疎まれているなとおもい、落ち込んだものだ。

声をかけてもらえるまで、どんどん落ち込んでゆく

若者達は社会になれていないから 失敗も多く、叱られることも多い

こういう時、上司は、思い切り叱り その後、声をかけてあげればよい。

失敗した事だけをしっかり叱り、次の日、明るく声を掛け 励ましてあげることだ。

若いソフト開発者に、鬱病が多いと聞く、,多くは上司の管理に問題がある

心では怒っていても 声に出して叱れない。 

上司は人間として偉いわけではない、単なる役割だから 仕事を離れればただのおやじだ。

仕事は思い切り厳しくてよいが 仕事以外では対等につきあおう

ため口を聴かれる優しさがあってよい。

部下には、常に夢を与え 行き先を示し 目標と納期だけあたえ、成果は厳しく追求する

しかい やり方は任せる 

やり方まで口を出したら失敗しても上司の責任、部下は成長せず、やりがいもない。

失敗を恐れず自分で運転させ 助手席に乗せて親切に教えないことだ。

アイデアより 仕組みを変えて目標を達成する戦略をおしえることだ

これが部下のやり甲斐をうむ、

後は、厳しい事を言いながら 嫌われない関係をどう作るか?

ここに最大の神経を注ぐ、

仕事以外では ため口で話ができるまで距離を縮めるのがよい。

それには成果が出たとき、陰で褒めまくる。

どんなに厳しい上司でも、陰で褒められると 距離が縮まり 信頼関係が作られる。

やり甲斐と信頼があれば チームや組織は最高の力を発揮する

陰で仲間の悪口を言わせない風土と、陰で褒めあう風土作りで

厳しい上司に 普段はため口を聴ける 信頼感と仲が良い組織が作れるはずだ。

仲が良くて、強い組織とはそういう事だ。

そういう厳しく優しい、上司が少なくなったらしい。

(ある方から リクエストがあったので以前の文章を少し 書き直した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

次郎長の辞世の句

十返舎一九の辞世の句や大石内蔵助の辞世の句は明るくさばさばした物で大好きだ。

"この世をば、いざおいとまと 線香の煙と共に はいさようなら。

"あら楽し 思いは晴るる 身は捨つる 浮き世の月に かかる雲なし

最後の境地はこうありたいと願う

今日のある新聞に

 ”日本のために義を貫く精神を” と言う題で 次郎長の辞世を題材にして新保さんが寄稿している。「転載させて戴く」

”六でなき四五とも今はあきはてて 先だつさいに逢うぞ嬉しき” 

と言うモノだそうだ

さいころの目と妻「さい」を掛け 碌でなきや 四五と 「仕事」を掛けてなかなかの出来

辞世の句としても秀逸だとしている

数少ない 次郎長の善事として以下を紹介している 

明治新政府に反旗を翻した榎本武揚艦隊に加わった咸臨丸事件が有る

咸臨丸は 幕臣をのせ 奥州にむけ江戸品川沖から脱走したが 暴風雨で故障 清水港に漂着してしまう。

 新政府軍の艦隊二隻が これを容赦なく 攻撃 多くの死者が港に浮かんだ。

官軍はこれを放置 腐乱が始まったが 

新政府の目を気にして、誰も 犠牲者を救おうとしない 

この時、次郎長は 

”不仁の為に仁を為し” と 啖呵をきり 子分と共に夜中幕臣犠牲者の死体を海中から全てかたづけ 近くの寺に厚く葬ったという。

山岡鉄舟 とは  親交が有り 鉄舟が 西郷隆盛とあう際 道案内をしたのも次郎長とのこと

山岡鉄舟 の言葉

 ”善悪の理屈を知るたるのみにては 武士道にあらず 

  善なると知りたる上は 直ちに実行に顕し来たるを以て 武士道とは申すなり”

新保さんは 過半数が正義という風潮をいさめて今こそ 義に貫く という事を訴え 寄稿している。

世の技術も 写真を撮っても 整理するアルバムなどには一切見向きもせず 話題性を重視

若者やPCリテラシ-の高いユーザー向きの人気機能や 携帯用アンドロイド 携帯アプリ お財布携帯 ゲームなど最先端の事ばかり

しかし 写真のユーザーは主婦 シニア 育児ママ 国民の大部分がPCスキル弱者、

なのだ、多くのお客を取り残し 結局は市場を狭め 企業は衰退して行くのだ。

写真を守るしっかりした家族みんなのアルバムの普及を善なると知り 道は細くても良い これを実行してゆきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

友 遠方より来る

友遠方よりきたる

この友人 私の友の中でも信頼感抜群の 良き友である

多くの良き信頼出来る 部下を持ち 発展途上の有望企業の社長でもある

苦労を重ねたから 人間がおおきい。

そして人格者だから 側近が育ち、周りに素晴らしい仲間がいる

三蔵法師のようなものかも知れない

行き先だけを示し 孫悟空や沙悟浄が守りながらついて行く。

勇猛果敢で おれについてこい というようなリーダーは

 実は心では 周りには誰もいなっかったりする。

三蔵法師が実は理想かも知れない、そう言うリーダーが本当の大きな目標を実現するのかも知れない

そんな素晴らしい彼にただ一点 曇りがある

いろいろいじめられ 嫌な思いのトラウマが有る。

それは.ある方から 本当にしつこくいじめられ、その恨みが心の傷として遺っており、

忘れられない事のようだ。

飲むと時々その話になる、

私は彼がこれを忘れたらキット大きなものをつかむだろうと信じている

だから むしろ恨みを捨てて欲しい

どんなひどいことをされても、許して むしろ相手の立ち行きを祈れるような彼になって欲しいのだ 

相手を立てて、立てて 立てまくって欲しい。

教えに 

”小便掛けられても 我慢せよ、怨むな 汚れは神が拭いてやる。。。と

”10回股くぐりをされても 1回でも肩をこすな

という

怨めば自分を小さくする

何の得(徳) もない

我慢が人を作る 大きく成長する社長の器を作る

良い部下を持って幸せだろう 

今は悪い事は何もないではないか

むしろその いじめが バネになり 

今の会社や仲間を作り 会社の成長を作ってくれたはず

感謝すべきであって 怨んではいけない

感謝しよう お礼を言おう

。。。。。

そうだね..と モウ 忘れよう 感謝しようと 言ってくれた。

プラスイメージは細胞を活性化し、新しい命を与えてくれる

遠方の友が、徳をつけ 大成功する事を祈る

私も良い友を沢山持っている

友ほどあり難いものは無いが 

目先で良い友だけを選ばず 

全てが友だ、

必ず全ての友がおかげになる。 

皆 師と仰いで戴けば 素晴らしい 宝になる。

先日橘 随踵塾 で学んだ

”富は屋を潤し 徳は身を潤す 心広く体 胖(ゆたか)なり

中国古典 四書五経 の中の大学の講義を受けた。

富も必要だが なにより大切なのは 徳のような気がする

徳が 富を 作れば理想かも知れない^

私にとっては 今は 徳が欲しいが これがなかなかむずかしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

パソコンスキル弱者の味方 ホットアルバム

私どもの使命は写真を守り 家族で気楽に写真を楽しんで戴く事

デジタル業界は 

パソコンや携帯が自由に使える方を前提に機能をドンドン開発し一般の利用者の大半を置き去りにしてきている。

写真は撮った方が 自分のパソコンに保管してしまったら最後 二度と出てこない

家族は何も出来ない。

家族に自由にならない保管は意味が無いと言い続けてきた。

パソコンスキル弱者でも 昔のアルバムのように誰でも使える事が大事なことだ。

家族にとっては スキル不要で使える事がとても大事な事だ

そしてサポートだ

私どもでは 電話でもメールでも サポートを大事にして来た。

しかしこのサポートは負担も非常に大きいもの画ある。しかし喜びも大きいのがこのサポートでもある。

一生懸命 サポートするとうれしいメールや電話がくる

昨日も ある方から こんなメールが

先程は、迅速にそしてわかりやすく電話対応していただいてありがとうございました。

前にもホットアルバムの事を説明していただいたのに・・・わたしが後回しにしていました。

やっと大量の写真を整理する決心がつきました。

ありがとうございました。
  うまく行かずはんべそでしたがサポートいただき、本当に助かりました。

ありがとうございました。

。。。。。

これが私どもの使命だ。

うれしい限りだ 

お聞きするとパソコンが分かる方が殆どご家庭にいない主婦やシニアの方が多い

そしてとても喜んでいただける

パソコン教室では無いのだが いつまでもこういうサービスを送り届けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

26個の原爆投下計画

隣国 韓国 北朝鮮は 第二次大戦の終戦時のソビエトと米国侵攻で国が2分されたまま唯一の戦争被害を残した国でもある。

南北ベトナムも 東西ドイツも統合、消失し、今では 朝鮮だけが分断されたまま相変わらずにらみ合っている

同胞が 分断され 憎しみあうのは悲しい事であろう。

日本が日清、日露戦争に勝ちながら 何も得られないいらだちから 東京では国民が大騒ぎし、戒厳令がひかれた程であった。

この国民は当時もムードで騒ぎ 今もマスコミに踊らされ、いつも理知的ではない

もっと取れ、政府は何故そんなに弱腰なのだと 暴動に近い騒ぎで もの凄い抗議だったらしい。

その矛先が朝鮮に向けられ、 日韓併合という形で朝鮮を植民地化する事で 納めたようだが これが日本の悲劇のスタ-トにもなっていったのである。

韓国の国民が未だに日本に敵愾心を燃やすのはこの日韓併合でもある。

そして大戦中 1943年に 米英中のカイロ宣言で朝鮮は独立するのだが、

その後 終戦間際 ロシアが 日本に参戦し 北から朝鮮に侵攻、

その直後 ボツダム宣言を日本が受諾したため 

南からは米国が侵攻してしまい 38度線がひかれ南北朝鮮分断が生まれた。

もう少し終戦が遅れたら後一ヶ月遅れたら 日本も北方4島では済まなかった 東西又は南北日本が生まれてしまったことだろう。

朝鮮では 北をソ連、南を米国が信託統治したが、冷戦が激化 1950年

ソビエト軍に支援された17万北朝鮮軍が 南に侵攻 3日でソウルを陥落させ さらに南進した。

米国は 国連軍を投入 司令官マッカーサーは仁川に上陸 反撃を開始した。

これに危機感を持った中国は 100万の軍隊を北朝鮮支援に投入し、南は海に追い落とされるほどに敗退  

マッカーサーはたまりかね 26個の原爆を準備し、ウラジオストックから北京までの 26都市に投下する計画を立てたのだそうだ。

これを阻止したのがトルーマン大統領 

マッカーサー司令長官を解任し 地上戦で38度線まで反撃均衡を保つまでに盛り返し 停戦、現在に至っているのだそうだ。

小さい時 毎日 新聞で 朝鮮半島の 北と南の境が上下していたのを思い出す

しかし この26個の原爆投下計画があったことを今まで知らなかった。

そんなに有名な話ではなかったから 極秘計画であったのだろうが

もしトルーマンの反対が無く 実際に投下されたら 人口が多い中国の町のこと 300万人近い死者が出たはず。

そう思うと 冷戦下でも 広島 長崎以外には2度と 投下されず 抑止力としてだけ使われてきた、人間の良識を高く評価したい。

そう言う宿命を負って 南北に分断されたままの韓国も北朝鮮には同情する

植民地化と言う発想自体 70年立った今は全く消え失せたが、昔、我々の先輩達が

隣国としてそう言う事をしてしまった事実は消えないのだから 

これをけして正当化せず 反省しなければならないだろう

勿論 ソビエトも 中国も 米国も であるが。

つくづく 隣国とは仲良くしたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

おもしろマーケッテイング

今日ある 新規事業確立の専門の方とお話した。

多くの新規事業を見てきたという ベンチャービジネスに素晴らしく勘の働く方だ。

私の商品のお話しをしていたら 

商品より 第一弾ロケット 第二弾 第三弾 がどうなっているか?

当然ながら 

いい商品が売れるとは思わないし、悪い商品だから駄目 売れないとも限らない

売れて行く仕組みが どういうパートナーと どういう仕掛けで どうなっているか?

それが重要なんだという。

QBハウスのお話しをしてくれた

10分、1000円でカットしてくれる 散髪屋さんチェーンだ

お客様も、理容師さんも 経営者もQBハウスも みんながハッピーな仕組みがある

一言で聞いて 流行るなとすぐ分かる

そういう 仕掛が必要なんだという

どんなに散髪技術が高いとか素晴らしいとか言っても

流行る仕掛がなくては駄目なのだそうだ

非常に為になった

又ガチャガチャがおいしいビジネスになっているという

外食産業の待合フロントにおくことで活況を呈しているという

面白い話だ

なるほどな、よーっく考えよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

父親と母親の供養

今週末 父親と母親の 法事がある。27回忌である 

もうそんなに立ったかと思うがあっという間であった。

兄がお墓を大改修し5輪の供養の塔も立てたようだ。

先週、娘達が皆集まったので,完成したお墓にお参りしながら できあがりを見てきた。

御霊様を大切にする事はいろいろな意味で大事な事、兄はとても御霊様を大切にし供養をしてくれている。

ありがたい事である。

土曜日は久しぶりに 古い親戚や 実家の隣近所のおじさんおばさん達にもお会い出来るので楽しみにしている。

家のお墓はかなり古く 江戸時代から この地にあるようだが。

その前はどこから来たのだろう。

今 生きているという事は

地球始まって以来、両親が健在で 何百代も 命を継承してきたという証拠である。

両親のうち 誰か一人でも  結婚前に,若くして死んでいれば 私は此処に生まれていないはずだから、その尊さと 不思議さにびっくりし 感謝する

たった一人でも若くして欠けたら そこから先の結婚はない筈だから 命は継承されず 系図はブチッと切れてしまうはず。

命が続く事の 尊さと 不思議さにびっくりし 感謝する

計算では 我々 夫婦には 25代遡ると 1億人近い両親がいる、

そこから生まれた家族まで入れれば それこそ日本中親戚となってしまう数になる。

そう言う先祖の御霊様があって初めて命が継承され 今があり 生かされてきた

そのお礼 供養をするが 春のお彼岸なのだろう。

今週は 私の両親の法要と、妻の母親の新彼岸もあり お礼と供養をさせていただく週となる

何代も前の先祖の顔が見れたら楽しい筈と言ったら 

いや 両親と祖父母以外は全く見たくないとと言う方もいた

25代の方のそれぞれの写真があれば楽しいのになとおもう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

Windows7 64bit対応のフォトアルバムソフトならホットアルバム

Windows7 64nit 対応のしっかりしたアルバムフリ-ソフトが無いとの話題がでた。

Windows7 64bit 対応可能なソフトのうち 中でもホットアルバムはしっかり作られたクライアントソフトの中の逸品だとある方から 褒められた。

Mac iphotoに近い使い勝手の良さ 特にメモリ-カードを挿すだけで写真が保管出来、自動的に整理されてしまい ホームプリントが簡単に出来るなど フリーソフトでこれだけの出来のものは無いとのこと。

無料お試し版が此処にあるから自分で試して見て欲しい

http://www.hotalbum-store.com/contents/display/download

基本ソフトのお試し版ソフトが気に入ったら 

写真を選んでDVDに保管して 残して欲しいものだ。

これは実際は有料のソフトとなるが 

CD-RやDVD-Rにデータとスライドショーをビデオデータで一緒に記録しパソコンでもTVでも家族がスキル不要で鑑賞できる 思い出を未来に遺せる点がこのソフトの本当の価値であり、一番の逸品のはずだ。

写真はパソコンにきっちり整理し 大切な写真だけ選んで DVDに安心保管しパソコンとも連携して残せるから 5、6年でクラッシュしてしまうパソコン保管の地震保険的な バックアップができることになる。

NETでのアンケート調査では 

デジカメ写真の殆ど(68%)は パソコンに保管されているというから パソコンできちんと整理出来る HOTALBUMの価値はなおさら高い。

そして多くはマイピクチャーにフォルダで保管しているだけというから 

ますます 意をつよくする

HOTALBUMが普及し 絶対に役に立つ市場が出来上がっている気がする

さらに

38%はメモリーカードに入れっぱなし、ホームプリントも30%もやっているという。

ますますホットアルバムの出番ではないか。。。

パソコン達者な方は 何を提供しようが自分で好きなことをやるから困らない。

パソコン知識が乏しい方に取って 何が必要かを考えてあげなければと思う。

アンケート結果は 

言い換えれば 良いアルバムシステムが無かったという事を証明しているようなものだ。

スキルがある方は

Google picasaがアル 

Ms-live があるとか、

flickerならとか 蔵衛門ならどうかとか言うが

これらは皆 パソコン達者のためのものであり

国民の60%の PCスキル弱者の事を考えたモノでは無い

アンケート結果は如何にデジカメ難民が多いかを物語っているのだ。

NET保管などは、

相当普及しているように見えるが 

調査結果では、実際にNET保管している方はまだ 3.4%しかない。

携帯カメラの撮影は 殆どが携帯の中に撮りっぱなしで保管されたママであり、

整理など全くされていない

これを見て、若い方は 写真など 大事ではないのだと決めつけ 撮って携帯でみて終わりでよい

 それよりゲームやプリクラで楽しむ方が先なのだから 思い出を残そうなどは思わない方がよいという

そんな文化が主流なのだというが

私にはそうは思えない

デジカメは パソコン保管が主流であるなら

しかもマイピクチャーに保管するだけなら

ホームプリントが結構あるなら、

メモリーカードにも沢山撮りっぱなしであるなら

それこそ

ホットアルバムの出番ではないか ゲームを考えるより、遙かに 大事な 大きな市場がある

やはり 思いを変えず 本物を追求して行こうとおもう

写真を守る事が ますます重要になるはずだ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

古い写真の褪色の修正サービス開始

デジカメが出現 したのは1995,6年 本格普及は 1999年くらいからだったか 500万画素が 2000年代だから、まだたった10年、

それ以前の写真は プリントでアルバムに沢山はられ 本棚の奧にあるはずだ

膨大なアルバムの写真は なかなかみる機会もなく、押し入れにしまわれている

できればデジタル化して PCやDVDなどTVでいつでも見られるようにしておきたいものだ。

そして 出来れば ホットアルバムで 年代毎 子供の時分のアルバムとか 社会人になってからの アルバムとかにしておけば とても見やすくなるはずだ。

まず古いアルバムのプリントをデジタル化しよう

デジタル化したら ホットアルバムのホームページから 褪色写真の修正サービスで褪色写真を昔のフレッシュな色に戻して保管できる

今まで古い写真の修正は一枚8800円もした。今回開始したサービスは

価格も市価の1/10以下 とてもお得だし どんな色に戻せるか 無料のお試しが出来る。

http://www.twise.jp/AgingImgRefreshDemo.html

デジタル化だけなら スキャナーがあればできる 

今はどこの家庭にもあるインクジェットプリンタについているコピー機がそのスキャナでもある

これを使えば簡単にアルバムを カバーを剥がさずコピーし デジタル化出来てしまう

プリンタが無ければ、カメラで一枚一枚撮りこめばよい、

普通の接写でよいが、マクロレンズがあれば より簡単

スキャナで カバーを剥がさず アルバム毎1度に読み込んだ場合、貼られた写真 を一枚一枚 切り抜く必要がある

フリーソフトに PaintNETというのが有る。

これなら誰にも簡単使えるとおもう、やって見て欲しい。

せっかく 古い写真をデジタル化したら

DVDアルバムに保管し 未来に遺せるアルバムにしておかなければ意味が無い

そう言う DVD-Rアルバムが誰にも簡単作れるのが、なんと言ってもホットアルバムソフとだ

Windows7にも対応し 写真と動画を合わせて 編集し思い出の音楽付けて DVDアルバ ムにしておけば 

古いアルバムが いつでもみんなで見られる家族のデジタルアルバムとなる

大切な写真が褪色していたら 元の色に戻して保管しておくべきだろうともうが 一度試して欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

デジカメ写真アルバムならホットアルバムしかない。

デジカメ写真のアルバムならホットアルバムしかないという信念でやってきた。

写真を守る為に遠慮していたのでは文化は守れない

どうか写真さんを大切にと思っているが

写真を遺すなら 誰でも簡単に、ビデオでスライドショーを作れるアルバムソフトが必要だと思っている。

それがホットアルバムだと遠慮せず書いて行こうとおもう。

パソコンが壊れて 写真が消えてしまったどうしたらいい?と言う お問い合わせが多い。

ホットアルバムソフトを使っているなら 有料だが大切な写真さんを DVDアルバムに書き込み保管して欲しかった。

大切な思い出の一枚の写真の保管にわずかなコストで安心が得られるから 写真さんを守ってあげて欲しかった。

大事な写真さんは みんなでTVで見られる家族のアルバム ホットアルバムDVDに 記録しておいて戴けば 写真は遺せたのに 残念である

写真はみんながいつでも見られるようにするから 未来に遺ると 言う事がある。

パソコンも、メモリーカードも、NET保管も、自分だけの保管でしかないから 誰にも伝わらず、伝わらなければ 本人一代限り

自分がいなくなれば、保管したファイルを開けて見るなど 誰もしてくれないからだ

自分がいなくなれば 写真はむなしく消えて行く

家族に遺らないのが自分専用のパソコンやメモリーカードやNET保管だと思うのだが。

家族が見たいとき、見たい写真をサット取り出せれば、正しいバックアップだが、現状のものは自分だけだから 正しいバックアップとは言えないようだ 

しかしそう言う事を誰も気が付いてはいないようだ。

CD-RにJPEGをバックアップしておけば大丈夫と誰もが言うが 

それは 本人は無意識だが  実は誰も見ないことを前提にしたバックアップでしかない。

JPEGを保管しておけば、一生大丈夫と思っても、ファイルシステムをOSが選んでいるから、OSが変われば 読み出せなくなる事もあり 必ずしも、万全ではないし、遺しても実は意味が無いバックアップでもある。

パソコンが壊れてしまい、写真が消えてしまったが、どうしたらよいか?と言う お客様も 相変わらずパソコン保管に戻ってしまう

外付けHDDを何台繋いでバックアップしても、大量のファイルを開けて見る気も起こらないなら 写真が助かったとしても意味が無い 何の為のバックアップか分からない?

写真は大抵 自分は写っていないのだから、撮った本人だけ見れても意味が無い?

そう言う意味で 家族がみんなで見られる 昔のアルバムのような ものでない限り 本当の使えるバックアップとは言わない。

lホットアルバムで 整理し 好きな写真を選んで DVDにデータとビデオで遺し ケースにいれて ジャケット付ければ 中味の写真は誰にも一目で分かり、 TVのそばに置いていておけば これこそ デジタル時代の 昔のアルバムだ。

勿論 プリントすれば そしてアルバムに貼っておいたら それはそれで一番いいアルバムだが 

デジタル時代はそうはいかない、大量のデーターをプリントしても邪魔になるだけだし、

大量のデータを 昔のアルバムのようにみんなで見られるDVDアルバムに するしかない。

DVDなら スライドショーをビデオにして データと一緒に保管出来る

DVDなら 音楽も付けて 昔のアルバムのようにみんなでTVでいつで見られる

写真を楽しみながら 未来に残せる DVDアルバムを

誰でも簡単に作れるようにしたのが、このホットアルバムなのだ。

思い出の写真さんを大切にしよう 

二度と返って来ない一瞬の記録は 時間がたつほど懐かしく 大切なものである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

家族のアルバム

今写真を守ろうとしているが浸透するのはなかなか難しい

ある若い 有名なキャピタリストの方とお話ししていたら

どんなにまじめなサイトであっても コンテンツを結びつけるとき

出会い系などと関係づけると簡単に爆発する事があるという。

どんなに良くてもまじめな商品のマーケッテイングは本当に難しいらしい。

良い商品が売れるとは限らない、悪い商品だからと言って売れないわけでもないらしい

私など、根がまじめすぎるから, そう言うマーケテイングは,殆ど理解できない、

商品を爆発させるには、やはりそういうセンスの若い人にまかせなければ、難しいらしい

いつの頃からか 

家庭に家族のアルバムが無くなってしまった。

デジタルでは 殆どプリントしないから、昔のアルバムをつくるのは難しい

写真は大抵撮った方のパソコンとかメモリーカードの中である。

撮った方は実は写っていない 写った方は写真を自由には出来ないのだ。

娘の家で 孫のスキーの写真をSDカードをTVに挿すだけで見せてくれた

,なにやら訳の分からない内蔵音楽がBGMに流れる

縦に撮った写真は画面で横になってしまうが 無理矢理見ていても イージーであってもやはり家族がみんなでTVで見られるのはとても便利は便利である。

娘が言うには これは子供達が大きくなった時には SDカードは無くなってしまっているだろうね

TVで見れるだけでは 家族のアルバムにはならないねと言ってくれた.

やはり ホットアルバムのように DVDに、データとvideo画像を保管して、ケースに入れジャケット付けて保管してあれば   

昔のアルバムのように 家族の誰でも 見たい写真をさっと簡単に持ち出して みんなでワイワイTVで見られる 

今までのバックアップは殆ど家庭で見らレる事は無い

ホットアルバムなら バックアップであっても 

家族がいつでも使えるアルバムとなるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »